雑学

ネイビーのセーターから始める定番・男のマリンルックの作り方



アランセーターは古着で買おう


 しかし、より手軽に手に入れる方法はあります。それは古着を買う方法です。古着でしたら、手に入れやすい価格で日本でも売られています。特にヨーロッパの古着を扱うショップでは、スコットランドやアイルランドの手編みのアランセーターが多く出回っています。私が去年見たところでは、おおむねどれもコンディションがよく、ふだん着として着る分には全く問題のないものがたくさん売られていました。新品で手編みのアランセーターは高価すぎて手が出せないという場合は、古着を探してみましょう。

アランセーター

WEARより

 次にボトムです。一般的なカジュアルなスタイルでしたら、ネイビーのセーターにブルージーンズを合わせるのが簡単です。けれどもそこはあえて避けて、ウールのパンツを合わせましょう。シャネルのルックはボタン隠しの前立てが左右のボタンで留められているセーラーパンツですが、そこまでこだわる必要はないでしょう。シルエットもセーラーパンツ風に裾に向かってゆったりと広がっているものか、リラックスフィットのもののほうがよりマリンルックらしくなります。

 足元はあまり主張しないものを選んで。間違っても目立ちすぎる多色遣いのスニーカーは合わせないこと。仕上げにセーラーハットを合わせれば完璧ですが、人によってはやり過ぎな感じがするかもしれないので、そこはお好みで。パイプは本当に使う人以外は必要ありません。

 全身をネイビーでまとめたら、都会的でシックなモード風になりますし、ネイビーと白にしたら、より海に近い感じ、赤、白、ネイビーのトリコロールにしたら、若々しい印象になります。自分の好みで色の組み合わせはどうするか決めるといいでしょう。

 ヨットや船を想起させるマリンルックは、それだけでどこかロマンチックです。フリルやレースを使わなくても男のロマンを表現できます。着るものだけではなく、自分自身のロマンを携えて、男のマリンルックを楽しんでください。

小林直子

ファッション・ブロガー。大手ブランドのパターンナー、大手アパレルの企画室を経て独立。現在、ファッション・レッスンなどの開催や、ブログ『誰も教えてくれなかったおしゃれのルール』などで活躍中。新刊『わたし史上最高のおしゃれになる!』は発売即重版に。新刊『お金をかけずにシックなおしゃれ 21世紀のチープシック』が発売中
1
2





おすすめ記事