雑学

設定付きパチンコ&パチスロ6号機……新台は新時代に突入



おしおきしまくりの王道V確ループ


PA地獄少女 宵伽FDZ設定付(藤商事)

PA地獄少女 宵伽FDZ設定付

PA地獄少女 宵伽FDZ設定付(C)地獄少女プロジェクト/宵伽製作委員会

(C)地獄少女プロジェクト/宵伽製作委員会

《ココに注目!》確変時9R比率 50%

「いっぺん死んでみる?」のセリフと共に、怨みの相手を地獄に流す内容が人気の藤商事の看板タイトル「地獄少女」シリーズ。現在も好評稼働中の最新作「宵伽」が設定付きパチンコで新たに登場。甘デジでもリアル藁人形や派手でおぞましい独特の世界観はそのままに、大当たりループを楽しむことが可能だ。それでは、いっぺん内容見てみる? ことにしよう。

 スペックはミドルタイプと同じくV確ループタイプで全6段階設定。設定1で1/99.9、設定6で1/70と6をツモれば、もはや負けることのほうが難しい大当たり確率だ。初当り時の確変突入率は50%(特図1・2合算)だが、ひとたび確変に入れば確変比率は52.5%(特図2)になり、約880個払い出しのある9R比率も50%までアップ(確変はV入賞が条件)。また確変終了後は必ず15回、時短中の非確変大当たり後は40回時短が付くので、引き戻しも充分狙える。甘デジながら一撃数千発獲得も十分に射程圏内の激熱仕様なのだ。

《今は設定付きパチンコになじんでもらう段階?》
 いかがだろうか。今回紹介した2機種についてもそうだが、現時点で登場している設定付パチンコは甘デジタイプが比較的多い。これはホール、メーカーともに設定付パチンコについてどのような挙動をするか確認している時期で、まずは設定付きになじんでもらおうとこのような状況になっているようだ。まだまだ調整を甘くしているホールも多いので、打つなら今が大チャンス。クギ調整ができない昨今、クギに代わる調整要素として今後はほぼすべての機種が設定付きになるとの話もある。良ホールの見極めにもなる重要な要素なので、今後も要チェックだ。

6号機が遂にホールデビュー! 驚異の出玉スピードに注目


HEY!鏡(大都技研)

HEY!鏡

HEY!鏡(C)DAITO GIKEN,INC.

(C)DAITO GIKEN,INC.

《ココに注目!》2000枚獲得にかかる時間 約40分

 0号機から始まったパチスロ。その歴史に新たなページが開かれることになる。いよいよ6号機がホールデビューを果たす日が来たのだ。その第一弾は大都技研が誇る超人気機種「番長シリーズ」の大人気キャラクター、鏡慶志郎が主人公のAT機だ。6号機の特徴である純増枚数の増加、天井機能やチャンスゾーンの搭載など、パチスロファンの心を摑む胸アツで激アツな仕様がてんこ盛りだ。

 注目したいのはその純増枚数。メダル増加スピードに注目したい。AT「慶志郎チャンス」の純増は驚愕の約5枚。実に2000枚獲得するのに5.5号機なら約60分、5.9号機なら約80分かかるところを本機は約40分で獲得可能となっている。4号機と同じ消化スピードのため、会社帰りなどの短時間勝負も可能な仕様はサラリーマンにとって嬉しいはずだ。

 AT中はベルの押し順ナビ回数を管理する仕様となっており、ナビ回数は最大100回。ナビ100回発生時の期待枚数は800枚オーバーとなっている。AT後は高確率の「ドライブゾーン」に突入することでATのループを実現。ループ率は70%を超えるため、ループに次ぐループでメダルを増やしていくことになる。ドライブゾーン中は全ての役でATを抽選しており、豪遊閣ステージへ移行すればAT+次回天国モード確定となるので、ドヤ顔でドル箱を用意してOK。また、ATの主な突入契機はボーナスとなっており、番長シリーズ自慢の「青7揃い」はもちろんAT突入期待度が優遇されている。

 もうひとつの6号機の特徴、天井機能とゾーン狙いについて説明しよう。モードを管理しているのが「HEYシステム」で、液晶左に表示されている「HEYカウンター」に注目したい。引いた小役やその時の状態でカウンターの数字がカウントアップしていき、規定回数到達で特訓演出が発生。特訓に発展した時点で期待度は約30%となっている。このHEYゲーム数によって天国モードなど、様々な状態を推測できるので、ゲーム数は要チェックだ。

 また、本機はダブル天井機能を搭載しており、699ゲームで必ず特訓→対決演出に発展する。さらにここで当たらなくとも950ゲーム+前兆で当たり確定となる。AT終了時は天国モードの可能性があるので最低でも100HEYは回しておきたいところだ。気になる導入は10月1日。暑さは落ち着いてもホールの熱さはこれからが本番だ。

勝SPA!

1
2





おすすめ記事