恋愛・結婚

「女性にタクシー代を渡したら財布が空に…」40代・低所得おじさんの恋愛事情

 40代になれば、生活に余裕が生まれる……そう夢を描いていたが、人々の手取り年収は下がり続けている。年収400万円未満の“低所得おじさん”は増加の一途を辿るばかりだ。70歳まで働く時代に日本社会が抱える課題と当事者の生活に迫る。

前園さん

男のプライドが邪魔をする低所得おじさんの恋愛事情


=====
Q 結婚していますか?

している…31.3%
していない…68.7%

都市部在住の43歳~55歳で年収400万円未満の男性300人にアンケートを実施(以下、同)
=====

 低所得が原因で独身のままの人は多い。「結婚していますか?」というアンケートでも、68.7%の低所得おじさんが独身(離婚経験者含む)と回答。そのうち「所得が高ければすでに結婚している」と自己認識する人は47.6%。さらに、既婚者を含めても性行為の回数は年に1回(36%)だ。

=====
Q 所得が高ければすでに結婚していると思う?

思う 47.6%
思わない 52.4%

Q 性行為の頻度は?

1年に1回 36%
ここ数年していない 19.3%
半年に1回 6.3%
1か月に1回 6%

=====

「お互いに尊重ができる人がいれば同棲したいけど、結婚はどちらでもいいです」と語るのは、IT企業の契約社員で47歳の前園さん(仮名)。年収は300万円の低所得おじさんだが、年齢より若く見えて爽やかな雰囲気だ。

「7年ほど同棲していた彼女と5年前に別れてからは、なかなか新たな恋愛には発展せず。ガツガツ出会いを求めているわけではないですが、2年前からPairsに登録しています。無料の範囲でいいね!を押して、女性からメッセが来たらその都度課金します。必要経費だとは思っているけど、ムダ金は使いたくないので」

次のページ 
実際に会った女性も

1
2





おすすめ記事