仕事

「生徒=お客」の学習塾、女性講師を困らせるセクハラ小学生も…

 理不尽クレームに非常識なオーダー。自分を神様だと信じている困った“お客様”はいつの時代、どの業界にも存在する。もちろん、教育業界だって例外ではない。
指導

個別指導の塾でアルバイト講師をしていたAさんは、トンデモ生徒に悩まされることもあったという

 大手商社に勤めるキャリアOLのA子さん(29歳)は、丸顔で男ウケがいいタイプ。今でこそカジュアルな雰囲気の彼女だが、学生時代は学業一直線の真面目タイプ。有名大学のネームバリューを生かし、個別指導の塾でアルバイト講師をしていた。  学校ほどは生徒の親と関わらないため、いわゆるモンスターペアレントに悩まされることはなかったが、マンツーマン指導ならではのトラブルは多かったそう。そんなA子さんが出会った、トンデモ生徒たちとは……?

常に鏡と向き合うナルシスト男子高校生

「小中高、幅広い年代を受け入れている、マンツーマン指導がウリの有名チェーンでした。私は算数、数学、化学といった理系科目を全学年で担当していましたが、基本的に難しい年頃の子ですからね……」  大学受験を控えた男子高校生。彼は机の上に鏡を置いて勉強するのが常だった。 「極度のナルシストなんです。ヘアスタイル、眉毛、表情。自分の顔すべてを年中チェックしていました。決してイケメンでも、女の子に積極的なタイプでもない、とても地味な子だったので、より強烈でした」  隣に先生がいてもおかまいなしに身だしなみチェック。なかなかタフな精神の少年かと思いきや……。 「注意すると涙目になって歯を食いしばり、バタン! とヒステリックに鏡を伏せるんです。そして、しばらくは睨むような表情のまま勉強をする。でも、少し目を離すと再び鏡とにらめっこ。正直どうしたらいいかわからず、結局は注意することを諦めてしまって。私は淡々とテキストを進めるようになりました」  それでも彼は比較的上位の成績をキープし、講師変更の希望も出さなかった。結局、そこそこの私立大学に無事合格。A子さんは無気力な指導を塾側に悟られずに済んだ。 「彼は勉強ができる困った子でしたが、逆のタイプもいて……」
次のページ 
自分を“選ばれし者”だと思い込むが…
1
2
3
Cxenseレコメンドウィジェット





おすすめ記事