エンタメ

#クソ物件オブザイヤー2019 が決定!アパマンショップ爆発、出血コインランドリー、タピオカバブル…名誉(?)の大賞は!?

 全国宅地建物取引ツイッタラー協会(全宅ツイ)が主催する「クソ物件オブザイヤー」が始まると、もう年末だなぁ……。そんな感想を抱く不動産業界人も多いのではないだろうか。その1年で話題になった不動産プロジェクトや不動産屋が起こした事件を愛でるインターネットの奇祭も今年で6年目となった。 【前回記事】⇒#クソ物件オブザイヤー2018 が決定! 地面師、宗教ラブホ、スルガ銀行…栄光(?)の1位は?  主催する全宅ツイの面々は「今年は『クソ物件オブザイヤー』を書籍化してしまい、そろそろ大人から怒られるのではないか……」と怯えているという。

#クソ物件オブザイヤー2019が決定!

クソ物件オブザイヤー

※画像は、「クソ物件オブザイヤー」公式サイトより

 1年の間に起きた不動産業界の印象的な出来事、インパクトのある物件を「#クソ物件オブザイヤー2019」のハッシュタグを付けてツイッターに投稿し、その中から最も今年を象徴する案件を投票で決定する……。  年々影響力を増すクソ物件オブザイヤーだが、2019年は前年をさらに超える全777件ものエントリーがあり、そこからリツイートとファボの合計数、会員による他薦などにより、ファイナルノミネートとして絞り込まれた47物件が一般投票にかけられた。 「この一般投票はガチなので、いくら純資産が10億円を超える地主の投稿でも落とされる。財閥デベロッパーの分譲したマンションでも残ってしまう。なんでもお金とコネで解決できる不動産業界にあって、この賞だけはお金や権力ではなんともならないのです」(全宅ツイ) 【参考:ファイナルノミネート47作品紹介サイト】⇒前編 【参考:ファイナルノミネート47作品紹介サイト】⇒後編  12月11日(水)、そんな長い戦いを経て、ついに迎えた最優秀賞の発表……。栄誉あるツームストーンを手にするのは誰か……。多くのメディア関係者も注目する「#クソ物件オブザイヤー2019」の投票結果を告げるプレゼンターの声が会場の全宅ツイ会館に響き渡った。 なめ茸さん
倉持由香

最近タワマンを購入したグラビアタレントの倉持由香さんも会場に駆けつけ、イベントを盛り上げた

 まずは、今年の注目作品をコメントと共に紹介しよう。

【確かに写ってたんだ。俺の娘、まるで天使みたいに笑って】

<【確かに写ってたんだ。俺の娘、まるで天使みたいに笑って】 「パパお帰り」 注文住宅建築のリガードによる女優らが来場者の妻子を演じる疑似家族体験付きイメク…モデルハウス。 「独身の30歳代男性らに家族を持つ幸せを実感してもらう」 彼らの体験する幸せの行方とは…。>(JUDO-CHOPマン@titan_agesan) 運営のコメント「単身者でも一戸建てを買うイメージが湧く、架空の妻子付きのモデルハウス。これはむしろ妻帯者の方が有料でもいいから欲しいサービスなのではないだろうか…。家を売るのはただ箱を売っているのではなく、家族と暮らす時間を売っているんだということを、不動産屋さんに思い出させてくれました。こういう新しい試みは応援したいですね。我々がこうして話題にすると逆効果かもしれないけど……」

【出血コインランドリー】

<2019年にコインランドリー投資に関して情報発信開始。 赤字を垂れ流し、自身の地獄の経験を不動産投資界隈に注意喚起する為に決死の覚悟で楽待にて取材を受けるが、コメント欄で地獄の亡者に更に絡まれるという三重苦を味わう。どんだけ地獄を見せてくれるんだよ…> (アイン@コインランドリー大家@ainecoinlaundry) 運営のコメント「サラリーマンでも簡単にできる!とそそのかされ、コインランドリー投資ブームで参入した大家さんの爆死が止まらない2019年……。赤字で苦しむ日々を詳細な経営データと共に公開し、顔出しで取材まで受けてコインランドリー投資に警鐘を鳴らすアインさんに追い打ちをかける亡者たち。不動産投資家というのはろくなもんじゃないですね」

【タピオカバブル】

<【タピオカバブル】 「駅前ですが家賃超高いです」 「タピオカは儲かる。出店だ」 「近くに競合がたくさん」 「タピオカは儲かる。出店だ」 「寒いとタピオカ全然売れません」 「……」 まちにあふれるタピオカは、はかないあわのよう。これから、きびしい冬がやってきます。>(西新宿社長@jpnbeehive) 運営のコメント「ものすごい勢いで出店をしたタピオカ屋が迎える初めての冬。なんの商売をするにもちょっと足りないちいさな駅前の空店舗を借りてくれたタピオカ屋ですが、これからタピオカ屋さんが撤退したあとはどんな商売をやればいいのでしょうか……。国民食として根付いて欲しい」  さて、ここからは受賞作。まずは第3位。
次のページ 
受賞作3~1位の発表
1
2
3
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事