ライフ

浮いた家賃1000万円。ヒモ歴10年のプロが語る「女性に可愛がられて生きるコツ」

 大学在学中から10年間、10人以上の女性の家に居候を続け、浮いた家賃は1000万円超。着ている服から、仕事で使うMacBook Airまで、身の回りのものの大半は女性からのプレゼント品。仕事の年収は100~200万円程度だが、付き合っている女性からは常に求婚されている状態。今は沖縄で彼女の家に居候し、ヒマができたらインドに旅行している……。  筆者の知人に、そんな29歳の男がいる。「ふみくん」という名前で活動する彼の名刺には、「構成作家・ライター」という肩書が書かれているが、本業は「ヒモ」だ。「全くイケメンじゃないですよ!」(本人談)と言う見た目だが、女性に可愛がられることでヒモとして生きている。
29歳男性・ふみくん

ヒモを本業として生きる29歳男性・ふみくん

「最近、タバコを吸うのをガマンしただけで、彼女が1日1000円くれるんですよ~!」  そんな話を聞くと、真面目にセコセコ働いている自分がバカらしくなってくるのだが、ふみくんの語る「ヒモテクニック」には、人間関係や恋愛心理を考えるうえで非常に参考になることが多い。本稿では、そんな彼のヒモテクニックを紹介しよう。

ヒモは「カッコいい」より「カワイイ」と思われるべし

 ふみくんが「ヒモとしての生き方」を語るとき、常に口にするのは「カッコいいと思われたらダメ。カワイイと思われるべきです!」という話。一体、どういうことなのか? 「一度カッコいいと思われたら、その先もずっとカッコつけ続けなければいけないんですよね。カッコつけるにはお金も労力もかかるので、それ自体がしんどいです。あと男がカッコつけてると、カップルのあいだでの『カッコいいのハードル』はどんどん上がっていく。プレゼントやデートでもより費用がかかるようになるんです」  女性から「カッコいい!」と言われると、男はついつい喜んでしまうが、ヒモ的にはそのような「女性より上の状態」はNG。「カワイイと思われて、女の子の下の立場に潜り込むことが必要なんです」とふみくんは語る。 「そうすれば、自分のダメな部分さえ『カワイイ』と捉えてくれるようになる。ヒモとして一緒に過ごしていても、僕のほうも心が楽なんです。たとえば僕の今の所持金は26円ですけど、今の彼女は『26円しか持ってない29歳なんてカワイイ!』というトンデモな思考回路で笑ってくれる。お金を持っていなくても僕の株が下がることはありません」
貢ぎ物

MacBook AirやiPad、Nintendo Switchなど、写真に写るアイテムは全て女性からのいただきもの。洋服も自分で買ったものは少ない

次のページ
カワイイの努力
1
2
3
Cxenseレコメンドウィジェット
ハッシュタグ
おすすめ記事