ライフ

「宇宙人は必ずいます」気鋭の天文学者が断言するワケ

「宇宙人は必ずいます」  そう語るのは、昨年4月に世界で初めてブラックホールの撮影に成功したプロジェクトの日本代表である、国立天文台水沢VLBI観測所所長・本間希樹氏だ。
本間希樹氏

国立天文台水沢VLBI観測所所長・本間希樹氏

世界有数の資産家たちが資金提供

世の中の多くの人たちは『宇宙人なんているわけない』と思っているかもしれません。でも、宇宙人の存在を本気で信じていて、宇宙人探しにものすごい金額のお金を出している人たちが世界にはいます。たとえば、ロシアの資産家ユーリ・ミルナーという人や、Facebookを作ったマーク・ザッカバーグといった人がその一人。  彼らが支援する『ブレイクスルー・イニシアチブ』というプロジェクトでは、10年間に100億円ものお金を出し、最先端の電波望遠鏡を使って、宇宙人探しを進めています。宇宙人探しなんてバカらしい……と思ってしまうかもしれませんが、実は世界のすごい人たちは、けっこう本気でその可能性を考えているのです」
イラスト

イラスト/吉田戦車

 今後、特に注目なのが、「超巨大な電波望遠鏡を作る」計画とのこと。 「望遠鏡は、面積が大きければ大きいほど、遠くて暗いものを見ることができます。だから、巨大な望遠鏡を作れば、遠く離れた星に住む宇宙人が出す電波を受信できる可能性が増えるということ。いま世界的な計画として進んでいるのが、イギリスやオーストラリアやカナダ、中国、インドなどの10か国が参加している『SKA計画』。これは、地球上に数千台ものアンテナを立て、面積で1平方キロメートルの巨大な電波望遠鏡を作ろうというものです。この計画が実現すれば、太陽から比較的近い系外惑星で地球と同じレベルの人工的な電波を使っている場合に、漏れてきた電波を地球で受信できる可能性があります」
イラスト

イラスト/吉田戦車

次のページ
宇宙人に通じる会話は…?
1
2
国立天文台教授が教える ブラックホールってすごいやつ

世界で初めてブラックホールの撮影に成功した国立天文台教授が、摩訶不思議な宇宙の謎をユーモラスに解説!

Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事