雑学

三度の臨死体験を元に理系人間が“死後の世界”を分析

積み石 「臨死体験」――誰もが一度は耳にしたことがある言葉だろう。本書『臨死体験で明かされる宇宙の「遺言」』は彗星捜索家の木内鶴彦氏が、自身の三度の臨死体験で会得した知識をまとめたものである。

 木内氏はアマチュア天文家として、新しい彗星や小惑星を次々と発見している、天文界では世界的に知られた存在である。しかし彼にはもうひとつの顔がある。“死亡状態”から生き返った臨死体験者としての顔である。

 木内氏の希有な体験は立花隆氏による克明なインタビューとして、立花氏の著書『証言・臨死体験』(文春文庫)にも紹介されているほどだ。今回、木内氏は満を持して、新刊を発表。「臨死体験で自分が受け取った切なるメッセージを、いまこそ伝えるべきときと痛感している」と語る木内氏の新刊とはどんな内容なのだろうか。

 冒頭は木内氏の3度の臨死体験の描写から始まっている。彼自身、自分が経験するまではこうした非科学的な世界には関心がなかったようだ。子どもの頃の夢は宇宙飛行士になること。昔から理科や化学、数学といった科目が好きだったという彼は、典型的な理系人間である。

 黙々と計算をしたり、仮説を立てて一つひとつ検証していくのが大好きだったというそんな男が、自分に起きた不可思議な「臨死体験」を受け止めることができずに、しばらく人に口外しなかったというのも、わかる気がする。

 しかし理詰めで考えれば考えるほど、「臨死状態」で自分に起きたさまざまな事象は、単なる脳が見た夢、脳の錯覚とは考えられなくなるのである。

次のページ 
「第一次臨死体験」と「第二次臨死体験」

1
2
3
臨死体験で明かされる宇宙からの遺言

世界的権威のある国際天文学連合が認めるアマチュア天文家、木内鶴彦。三度の臨死体験を経て、受け取った「最期のメッセージ」とは…。





おすすめ記事