ニュース

新型コロナで買い占め暴走する老人たち。身勝手な行動は高齢者から!?

 世界中で感染者数約50万人、死者2万人を突破し、今なお猛烈な勢いで拡散する新型コロナウイルス。日本全体が緊張感に包まれるなか、社会に新たな火種が生まれつつある。
店

※写真はイメージです

モラル皆無な高齢者の行為に現役世代の怒りが最高潮に!

 3月25日の夜に開かれた東京都の緊急会見。小池百合子都知事は「何もしないで推移すれば、ロックダウンを招く」と言及した。翌26日の朝、都内スーパーには首都封鎖に備え、食料品の確保に長蛇の列を成す都民の姿があった。都内に住む40代の会社員・Nさんの話。 「朝9時開店の近所のスーパーに7時から並んでいる人が20人ほどいたんですが、全員老人でした。10時に妻が買い物に行ったら、冷凍食品と袋麺が売り切れで、また買い占められていた。3月以降、トイレットペーパーを朝イチで並んで買い占めていたのも全部、老人。連中の行動を見ていると、すごい生命力だなと逆に感心しますよ」  コロナ禍を機に、若者や子育て世代の間では身勝手な高齢者に対する怒りが最高潮に達している。SNSではトイレットペーパーやマスクを早朝から買い占める老人たちに怨嗟の声が溢れている。さらに休校措置となり公園で遊ぶしかない小学生に対してクレームを入れたり、恫喝する老人も報告されている。ドラッグストア店員に対し、罵詈雑言を浴びせるモンスター老人の目撃談も数多い。  自宅マンションで増長する高齢者について、憤っているのは都内在住の自営業・Oさん(40代)だ。 「高齢者ばかりで編成される入居者組合が、エレベーター内での感染防止対策として『若者はできるだけ階段で』と呼びかけ始めた。最近では、高齢者が割り込んでエレベーターに乗り込み、先に待つ人が乗る前に閉ボタンを押すので頭にきますよ。あと先日、妻がベランダで布団を叩いているとインターホンが鳴り、初老の女性の声で『ウイルスが飛び散るからやめて』とすごい剣幕で注意されたそう。そんな元気なら感染しても重篤化しないよ!」  一方、東京・中央区在住の会社員・Kさん(34歳)は、買い出しのために区を跨いだところ、こんな迫害を受けたという。 「トイレットペーパーがなくなり、SNS情報を頼りに隣の江東区にあるドラッグストアに早朝、車で出かけたんです。開店前で初老の男性が5人ほどすでに並んでいた。店の駐車場に停めて列に加わろうとしたら、私の車が品川ナンバーであることを見つけ『越境してこられちゃ困るよ。品薄なんだから』と言い出した。その5人は開店直後に棚にあったトイレットペーパーをすべて奪い取った。当然一人1個までなのですが、彼らは独占した商品を私の後から行列に加わった仲間たちに手渡していた」
老人

※写真はイメージです

 子供たちが高齢者から迫害されたという報告も。都内の地方公務員・Iさん(30代)は言う。 「一斉休校が決まってすぐ、小学生の2人の子を実家の愛媛県に疎開させたのですが、1週間たたないうちに母から『これ以上預かれない』と言われた。老人ばかりの限界集落なので、子供が遊んでいると老人から白い目で見られるとか。路線バスでは優先席の老人が『向こうへ行け』と言ってきたり、近所の人からも『ここらで感染者が出たら診てくれる病院もない』と遠回しに嫌みを言われたとのことでした」  買い占めや迫害行為はモラルの問題というしかない。しかし、コロナ禍に乗じて違法行為に走る者も。都内のショッピングモールで働く30代の女性は話す。 「ウチでは感染対策として、各トイレの洗面台にアルコール消毒剤を設置しているのですが、持参したペットボトルに移し替えて持っていく人が複数いる。何人か現場で注意したことがあるんですが、決まって老人で、身なりのいい上品な感じの女性が多い」
次のページ
情報源はテレビのみで不安でいっぱいの老人
1
2
週刊SPA!4/7号(3/31発売)

表紙の人/ 日向坂46

電子雑誌版も発売中!
詳細・購入はこちらから
※バックナンバーもいつでも買って、すぐ読める!
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事