ライフ

月6万5000円の国民年金で暮らす独居高齢者のリアル「とっとと死にたいよ」

 いまだ大論争を巻き起こしている「老後資金2000万円問題」。2000万円という金額はともかく、遠い先の話と思わず、今から対策を講じないと老後を乗り切れないことだけは確かだ。
老後資金の稼ぎ方・梶本徳三さん

’49年、東京都生まれ。喫茶店時代の年収は1200万円(’80年代前半)あったが、女とギャンブルにハマり、貯蓄はしなかった

「とても生活できない」独居70歳のリアル家計簿

 梶本徳三さん(仮名・70歳)は5年前まで都内で喫茶店を経営していたが、会社勤めの経験はなく、現在の収入は月額約6万5000円の国民年金のみ。15年前に離婚してからずっと一人暮らしだ。 「喫茶店を閉めたとき、残った貯金は300万円ほど。年金暮らしになって5年になるけど、その貯金は180万円にまで目減りしてしまった。けど腰が悪くてバイトもできない」  住まいは家賃2万7000円、風呂なし、共同トイレのアパートだ。 「家賃を払ったら、月に使えるカネは4万円程度。計画的に使わないとエラいことになる。医者にはかかれないのが、年金オンリー暮らしでは常識。熱が出ても、腹を壊してもガマンするしかない」 ====== <国民年金のみで暮らす梶本さんの収支明細> 収入 月6万5000円(年金2か月分・約13万円) ―――――― 支出 計7万2350円 ―――――― ・家賃 2万7000円 ・水道光熱費 3200円 ・携帯電話代 1000円 ・米(5kg) 1500円 ・卵ほか食材、おやつ代 1万5000円 ・缶酎ハイ10本 1000円 ・タバコ(フォルテ270円×15箱) 4050円 ・外食代 1万円 ・交通費 1700円 ・散髪代 1000円 ・銭湯代(都内共通回数券10枚)4400円 ・新聞雑誌代 2500円 ======  そんな梶本さんだが、年金が入った6月の収支はまとめた通りだ。ざっと計算して、約7000円の赤字。そのしわ寄せは、年金の入らない翌月に行くことになる。梶本さんは言う。
次のページ 
ささやかな楽しみは…
1
2
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事