ライフ

アベノマスクよりも「デブノマスク」を…デブたちの知られざる苦悩

多様化しているにもかからわず「大きめサイズ」が不足

 私は医療関係者ではないので医学的なことはこのくらいにしておきますが、ほかにも新型コロナウィルスの影響でデブは深刻な悩みを抱えることになってしまっています。それは「マスク問題」。  ただでさえ、リスクが高いといわれている肥満体型なのに、そのビックフェイスをしっかり包み込んでくれる「マスク」が少なすぎるという問題が我々を悩ましています。現在、ファッションブランドやスポーツウェアメーカー、下着メーカーなどがおしゃれで、なおかつ機能性に優れたマスクの販売を始めています。  しかし、どのマスクもほとんどが「普通サイズ」や「小さめサイズ」。日本人成人男性の3人に1人が太っている時代にもかかわらず、「大きめサイズのマスク」があまりにも少なすぎます
デブノマスク

大きめサイズのマスクが足りない!

 残念ながら当面は「ウィズコロナ」状態は続いていくことはほぼ間違いないと思います。今やマスクは生活の一部でもあり、必須アイテムになっています。今後、マスクはファッションの一部になっていくと言っても過言ではないでしょう。そんな状況にもかかわらず、おしゃれで機能性に優れた“大きいサイズのマスク”がないのです。  現状、太った方たちは自分の顔のサイズに合わない、顔の中に埋まってしまうようなマスクを我慢してつけているケースが多いように思われます。長時間していると耳の部分が痛くなったり、肩が凝ったりしますし、サイズが合っていないので見た目もおしゃれにはなりえません。 「Mr.Babe」オンラインサロンのメンバーは意識の高いため、ファッションブランドが出しているおしゃれ感のあるマスクをしている方も多いですが、全員が口を揃えて「大きいサイズのマスクを出してほしい!」と訴えています。
デブノマスク

デブもおしゃれにマスクをつけたい!

 私はこの状況を打破するため、秋冬に向けて「大きくて、おしゃれで、機能性にも優れたマスク」を作るべく、さまざまな企業やブランドにプレゼンテーションを始めております。この記事を見て、「一緒にマスク開発しましょう!」という企業さまやファッションブランドさまがいらっしゃるようでしたら、ご連絡をお持ちしています!  全国のデブ諸氏のウイルス感染防止と「ウィズコロナ」時代をおしゃれにかつ安全に過ごすために立ち上がろうではありませんか!渋谷系ファッション雑誌『MEN’S KNUCKLE』や暴走族雑誌『ティーンズロード』などエッジの効いた若者カルチャーをテーマにした雑誌を多数手掛ける。現在はウェブマガジン『Mr.babe』でデブに特化したファッション&ライフスタイル情報を毎日配信中。2019年9月よりデブ限定の会員制オンラインサロン「Mr.babe BIG MAN’s LABO」を開設。大きな男たちだけで日本の経済を向上させるべく奮闘中
1
2
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事