エンタメ

丸山礼、たつろう…“一般人の日常あるあるネタ”が芸人の間でブーム

 芸人による、一般人の日常を切り取った“一般人あるあるネタ”が、現在SNSを中心に話題になっている。例えば、土屋太鳳の顔マネで大ブレイクを果たした丸山礼は、Twitterのフォロワー数が21.5万人以上、Instagramのフォロワー数は約51.7万人以上と、絶大な人気を誇っている。
丸山礼チャンネル

画像は、YouTubeの丸山礼チャンネルの動画『あざと女子のほろ酔い生配信ものまね』より

 YouTuberとしても活躍しており、そこに投稿されている“女のあるある動画シリーズ”は、多くの女性から共感を得ており、高い再生数を記録中だ。そんな丸山のYouTubeの登録者数は、驚異の81.3万人越え。バラエティ番組からオファーも殺到しており、いまやテレビにも引っ張りだこの存在となっている。  今回はそんな丸山礼をはじめとした、“一般人のモノマネ”でバズっている芸人を4人ピックアップし、ネタとともにご紹介しよう。

丸山礼:いつも定時で帰れないけど絶対に幸せになってほしい会社の先輩、が妙にリアル

 まずは、冒頭でも紹介した丸山礼だが、彼女の活動拠点は主にYouTube。特に、2018年3月16日に公開された動画、『いつも定時で帰れないけど絶対に幸せになってほしい会社の先輩』は、現時点で127万回以上の再生回数を叩き出している。  この動画の魅力は、なんといっても登場する会社の先輩のリアルさだろう。業務慣れしているゆえのタイピングの速さ、定時退社して合コンに向かう後輩を笑顔で送り出す姿、しまいには絢香の曲を歌い出して後輩に聞かれてしまうなど、その見事な切り取り方の数々は爆笑必至。視聴者からは“実際に職場にいたら好きになるタイプの先輩”など、その人間描写に感情移入したコメントまで飛び出している。  丸山のYouTubeは、他にも「あざと女子のほろ酔い生配信ものまね」「美術部部長 井上千晶」など、思わず「こんな女の人いるよな」と言いたくなるネタばかり。土屋太鳳のモノマネでしか彼女を知らない人は、これを機にぜひとも“女のあるあるシリーズ”の動画を見てみてはいかがだろうか。

たつろう:人気番組で爆笑をさらった実力派、思わず唸る着眼点の秀逸ネタをSNSで大放出

 続いて紹介するたつろうは、なんと2018年11月14日に放送された、フジテレビ系のバラエティ番組『ザ・細かすぎて伝わらないモノマネ』の第1回優勝者に選ばれた経験の持ち主。主にInstagramでさまざまな“一般男性のあるある言動”をネタにした動画を投稿しており、現在フォロワー数は9.3万人を突破。その内容も“細かすぎて伝わらない”で披露しても遜色ないレベルのハイクオリティーなもので、高い人気を得ている。  彼の持ちネタの魅力はその着眼点。同番組で披露した優勝ネタ、「コンビニでタバコを買う時、のど自慢みたいになる人」などは、一般男性がコンビニでタバコを買う際に番号を伝えているだけなのだが、タイトルにある「のど自慢みたいになる」の一言で、グッとおかしさが引き立っているのだ。  現在Instagramには、同番組で披露した「自転車を撤去された人」などの人気ネタを含め、なんと645件ものネタを投稿しているたつろう。テレビでも評価された実力を武器にした、SNSでも注目株の芸人だ。お笑いイベントやインスタライブなども精力的に行っているので、そちらも要チェック!
次のページ
圧倒的リアリティのお母さんシリーズ
1
2
Cxenseレコメンドウィジェット
ハッシュタグ
おすすめ記事