ライフ

シカゴピザを爆食。カロリーは悪魔的!クラフトビールとの相性は最高

―[S級グルメ]―
迫力満点のビジュアルに度肝を抜かれること間違いなし! DevilCraftで本場のシカゴピザを堪能。とっておきのクラフトビールとともに、具材たっぷり熱々のピザを頰張れば、大人の至福の時間がやってくる。

クラフトビールとの相性は最高。カロリーは悪魔的!シカゴピザを爆食

S級グルメ

DevilCraftの「ミッツァ」

 私たちはチーズに恋して、ピザを好きになる。多感な時期になれば生地の好みを語りだし、ネクタイを結び革靴のかかとをすり減らす頃には、デートに使えるピザ屋を頭に叩き込んでいく。自宅にピザを運んでくれるデリバリーの存在が、日常に溶け込んで久しい。食べようと思えばいつだって食べられる。私たちの人生はピザとともにあるといってもいい。  異論は認めるとして、ピザの基本は生地にあるといっていいだろう。おいしいパンの上にチーズをのせればうまいに決まっている。  ある日のテレビの中でシカゴピザの美しいフォルムを見た時に、私はあっという間に恋に落ちた。一度でいいからお手合わせをお願いしたい。恋焦がれたシカゴピザをようやく食べる機会に恵まれた時は、想像どおり、いやそれ以上のうまさに興奮を隠せなかった。  シカゴピザが日本に上陸してどれくらいの時間がたったかはわからないが、9年前にオープンした「デビルクラフト」がビールとシカゴピザというスタイルを確立したことは間違いない。B級グルメともいわれるシカゴピザに、大手メーカーが造る軽いビールではなく、とびきりのクラフトビールを合わせる。9年前に現れた黒船に乗っていたのは、ピザと上質のビールのペアリングを布教する宣教師だった。
S級グルメ

自家醸造を中心に20近いタップが用意されており、クラフトビールを目的に来るお客も

看板メニューの「デビル・ワークス」

S級グルメ

DevilCraftの「デビル・ワークス」

 看板メニューの「デビル・ワークス」は、自家製ソーセージ、イタリアンソーセージ、ペパロニ、サラミの4種類の肉と野菜がたっぷり入った自慢の一品だ。ディープディッシュピザと呼ばれるこの見た目は、「深皿パン」とでも訳せばいいのだろうか。  ふんわりとしつつもギュッとしたキッシュ状の生地がラウンドしていて、容器のようになっているので、その中にたっぷりの具材とチーズを入れてじっくり焼き上げる。仕上がりまでの時間はなんと30分。生地が分厚いぶん、低い温度でじっくり焼き上げる。8種類のハーブとトマトを使った自家製マリナーラソースは火を通すことで、トマトのうま味が生地を満たしていく。  テーブルに届いたピザを初めて見た人は歓声を上げることだろう。マッシュルーム・紫玉ねぎ・ピーマン・トマト・オリーブなどが存分にトッピングされ、まるでホールケーキのようにも見えるそれを写真に収める人も多い。  カットされたピザを手でつかんで豪快に口に放り込む。ピザのエッジはカリッと焼き上がり、中はふっくら。マリナーラソースが多いので、しっとりとした口当たり。マリナーラソースと一体になった具材たちがこぼれそうになるのをあわてて口に運ぶ。ごろごろっとした具材を噛み締めると、トマトの甘みとひとつになり、うまさの洪水に脳が歓喜する。野菜が多いからさっぱりとした食後感で、濃厚なクラフトビールとよく合う。 ▼DevilCraftの「デビル・ワークス」 オーセンティックなシカゴピザのスタイルを踏襲しつつ日本人の味覚に合うようにアレンジ。マリナーラソースと生地のバランスが絶妙。Small 1890円/Large 3780円
次のページ
肉とチーズを喰らうためのピザ「ミッツァ」
1
2
●「S級グルメ」東京を中心としたS級なグルメ情報/インスタグラム tokyofood_srank
S級グルメ女子

Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事