ライフ

“一人しゃぶしゃぶ”を気ままに楽しむ。回転レーンに肉が流れる店も

―[S級グルメ]―
「鍋は大勢でつつくもの」という固定観念から解き放たれ、しゃぶしゃぶ界にも「一人一鍋」の時代がやってきた。今年の秋、より多様なしゃぶしゃぶに巡り合う!

回転式あり、カウンター式あり、そしてリーズナブル!一人しゃぶしゃぶを気ままに楽しむ!

S級グルメ

ひとりしゃぶしゃぶ1の各種しゃぶしゃぶ。写真は焼きあご出汁150円と特製いち辛出汁200円に鴨ロース250円(全て税別)など。出汁は同種なら注ぎ足しOK。ランチ時は白米、平うどん、中華麺が無料

 酷暑から一転、ようやく食欲の秋満開!と思ったら、急に肌寒くなる日も。こういった日は「鍋」といきたいが、大勢で鍋をつつくのは難しい雰囲気が……。  そんなご時世だからこそ、頼りになるのが、一人鍋専門店だ。  まずは比較的新しい店から。新宿駅西口に「ひとりしゃぶしゃぶ1(いち)」という店がある。  入り口を抜けるとそこには、店内中を巡る回転レーンが! そう、この店は鍋のメインの具材となる肉を回転寿司のようなレーンに流しているのだ。  肉の種類も大充実。お約束の「和牛芯ロース」はもちろん「牛タン」「イベリコ豚」「鴨ロース」などマニアックな肉まで十数種類が用意されている。しかも回転レーン上に流れている肉は、冷却機能つきのドーム型のフタで覆われている。  気になる衛生面や、回っている間の肉の熱ダレも心配ご無用だ。
S級グルメ

自家製鶏つくね150円、牛タン350円、夜の日替わりブランド牛500円(全て税別)など肉は14数種から

 注文は、入店時に目の前に置かれるタッチパネルにて。目の前の仕切り鍋に注がれる出汁を選ぶ。 「一番人気は『焼きあご出汁』(150円)。続いて3種の辛さの『特製辛出汁』、『柚子胡椒出汁』(200~300円)なども人気。出汁にしっかり味がついているので、ポン酢や胡麻だれいらずです」(料理長の佐藤清孝さん)

8種の出汁×14種の肉だけでも組み合わせは112種

 全8種ある出汁から2種類をセレクトしたら、あとは流れる皿を取るもよし、タッチ式メニューから好みの肉や具材を注文するもよし、おなじみのスタイルだ。  一枚30gが基本だが、ランチ時の「ランチ盛り合わせ」は倍の60gで300円とおトクな盛り込み。夜にはディナータイム限定の「日替わりブランド牛」が40g500円で提供されていて、昼と夜では違う楽しみ方ができる。  広報の仲田彩花さんは「私は、すき焼き出汁で牛肉を食べて〆にうどんが好みですが、『辛味噌出汁+チーズトッピング+ごはん』でチゲのような味に仕立てたり、『辛味噌出汁+肉味噌トッピング+豆腐』で麻婆豆腐のような味に仕立てる」という客もいるとか。  8種の出汁×14種の肉だけでも組み合わせは112種。さらに10種の野菜、4種のトッピングなど自分だけの味わいが構築できる。
S級グルメ

ひとりしゃぶしゃぶ1

ひとりしゃぶしゃぶ1の各種しゃぶしゃぶ 焼きあご出汁150円、特製いち辛出汁200円、鴨ロース250円(全て税別)など。出汁は同種なら注ぎ足しOK。ランチ時は白米、平うどん、中華麺が無料。
次のページ
創業50年目。銀座の一人しゃぶしゃぶの老舗
1
2
3
●「S級グルメ」東京を中心としたS級なグルメ情報/インスタグラム tokyofood_srank

ひとりしゃぶしゃぶ1(いち)
東京都新宿区西新宿7-10-18 小滝橋パシフィカビル2F 11:00~22:00(L.O.21:30) 無休
●11~15時までランチ、以降ディナー営業。飲み放題、食べ放題プランも

しゃぶせん銀座B2店
東京都中央区銀座5-8-20 ギンザコアビルB2 11:00~22:00(L.O.21:00) 定休日:年末年始、休館日 https://www.zakuro.co.jp/syabusen/shop/b2.html

※新型コロナウイルスの影響により、営業時間や定休日が変更になっている可能性があります。最新情報は店舗にお問い合わせください。

Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事