お金

税金ばっくれても「バレなきゃいいっ」は、ダメ…絶対…〈第十話 申告〉

怪しい投資 怪しい投資

もう、税理士に丸投げっ!

 先週に引き続き税金の話である。  メンドくさい確定申告のシーズンをどう乗り切るか……。結論から言ってしまうと「税理士に頼もう!!」という話です。  特に俺みたいなモノグサな人間は、メンドくさいものを後回しにしてしまいがち。こと確定申告に至っては、ギリギリになってから重い腰を上げ、慌てて書類の整理するのが通例です。この時期がやってくる度に「毎月まとめておけば……。せめてもっと早く動いていれば……」と後悔しています。  特に仮想通貨の計算は手強い。始めたばかりの今年分は自分でなんとかするとしても、来年からは手に負えないことになるハズ……。ということで、プロの税理士にお願いしようと思ったわけです。  税理士も顧問になってもらうと毎月毎月お金がかかります。相場は月に3万円だとか。となると年間36万円。この金額を見て、俺は自分で計算することに決めました。年間で顧問になってもらっても、絶対お世話にならない月もありそうだもんね!  ただ、確定申告の時期だけお世話になる「期間限定依頼」もあるみたいです。これは1回8万円とか。うーん、絶妙な価格設定だ……。まぁでも毎年やってくる苦痛な日々を考えたら、8万円なんて安いもんです。よしっ!プロの税理士さん頼みますよ!!

税金取られて悔しい!と言いたい

 プロに依頼したくなるほど税制度がややこしい仮想通貨取引は、経費がほとんど認められないので節税が難しいんですよね。それでもたくさん儲けたいっ!! そして45%という破格の所得税を払って、「俺はほら、最高税率だから」と鳥貴族の焼酎お湯割りを飲みながら後輩に言ってみたいわけです。“億り人”なった俺がお湯割りを飲み、酔っ払った先にはどんな未来が見えるだろうか。  とりあえず、「45%も税金取られるのクヤシー!!」って言えるくらい仮想通貨で稼げるように頑張ります!! 追記 そういえば5話目に登場した詐欺師にまた会いたいなと思い、先日LINEしてみたところ、思いっきりブロックされてました。詐欺師であろう人間でも、会いたいと思った人にブロックされると寂しいものですね……。 <マンガ・文/ハッシー橋本>愛知県出身の漫画家。パチンコ・パチスロ漫画を中心に活躍し、‘15年より月刊ヤングマガジンで連載を始めた『賭博黙示録カイジ』のスピンオフ『中間管理録トネガワ』が大ヒット。サウナとビールの愉悦を描いた『極上!サウナめし』はサウナ好き必見の一冊 Twitter @hashimotosan84

Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事