ライフ

ユニクロを日本一買う男が注目する、最新「+J」5アイテム

 メンズファッションバイヤー&ブロガーのMBです。洋服の買いつけの傍ら、「男のおしゃれ」についても執筆しています。連載第321回目をよろしくお願いします。

高額転売続出の「+J」、新コレクションが発売

メンズファッションバイヤーのMB

メンズファッションバイヤーのMB。「『おしゃれに見える』にはちゃんと理由があるんです」が持論(撮影/難波雄史)

 昨年の秋冬、各地で行列を発生させたユニクロジル・サンダーのコラボ「+J」。  メルカリでは転売祭りとなり、1万円台のコートが10万円以上で取引されるケースも見受けられました。そんな+Jの2021年春夏コレクションがいよいよ3月19日より発売となります。  今回は+Jのマストバイを私、MBが大胆予想。何しろMBは10年ほどユニクロを追いかけており、ユニクロU、+Jなどのコラボ品は全型漏れなく購入し続けているユニクロ研究家。  年間1000万円近くをユニクロに費やし、展開されているほとんどのアイテムを買っている自他共に認める日本一のユニクロラヴァーです。  忖度のない目線で今回の+J、買うべき逸品をピックします。(※価格はすべて税込)

▼ウールテーラードジャケット セットアップ可能 1万7900円/ウールスリムフィットパンツ セットアップ可能 9990円

ウールテーラードジャケット セットアップ可能

ウールテーラードジャケット セットアップ可能

ウールスリムフィットパンツ セットアップ可能

ウールスリムフィットパンツ セットアップ可能

 まずはこちら。「え!? ユニクロのくせに高い!」と思う人も多いはず。ジャケットとスラックスのセットアップですが、上下で3万円近くする高級品です。+Jのセットアップは前回に続き、ユニクロ史上屈指の高価格となっています。 「コスパがウリのユニクロでこれは……?」と思うかもですが、それもそのはず。日本を代表する老舗毛織メーカー「NIKKE」(日本毛織)の素材を使っているのがこのシリーズなのです。  海外メゾンも好んで使うNIKKEのウール素材は高密度で非常に美しいツヤとハリ感を持っています。高級スーツなどにも採用される素材で、この値段のセットアップではなかなか見かけません。  上下3万円近くは確かに高額ですが、他ブランドが同じものを作ろうとすると4万~5万円くらいになってもおかしくない。そんなクオリティの高い素材となっています。
次のページ
ジル・サンダーの魅力が凝縮されたシルエット
1
2
3
4
5
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事