ライフ

カーシェアのマナー違反が深刻化。ゲロ臭やゴミ、爪や皮膚があったケースも

利用者増加と共にマナー違反も急増

カーシェア

カーシェアの車内に置かれた前運転者のゴミ。コロナが蔓延する昨今、他人が使ったティッシュを片付けることはリスキーでもある 写真提供/読者

 車が必要なとき、近場ですぐに借りられるカーシェア。昨年3月に公益財団法人交通エコロジー・モビリティ財団が調査し、同年6月に発表された日本でのカーシェア利用の割合は、車両ステーション数1万9119カ所(前年比10.9%増)、車両台数は4万290台(同15.2%増)、会員数は204万6581人(同25.8%増)と増加の一途だ。  しかし、利用者が増える一方で問われるのは利用者のマナーだ。レンタカーとは違い、複数の連続シェアが発生する形になるため、次に利用する人のためを思って使わなければいけないサービスであるがゆえに、モラルがない人の次に利用してしまうと不愉快な思いをすることとなる。

ドアを開けた途端にゲロの匂いが……

 都内の会社員Aさんはカーシェアで強烈な「ハズレ」の経験を持つ。Aさんは一昨年の夏、友人達とグループで旅行に出かけるためにワゴンタイプの車をカーシェアを申し込み、実際にステーションに向かった。特に問題もなく、さあ出発とドアを開けたところ…… 「ドアを開けた瞬間、ゲロの匂いがもわぁ〜として、衝撃のあまりよろめいた勢いで後ろにいた妻にぶつかってしまいました。あまりにも酷い匂いだったので『ゲロはどこだ!』と探したがゲロは見つからず。ただ、匂いの場所は後部座席のシートだとわかって、急いでカーシェア会社のヘルプダイヤルに電話しました」  結局、その車は使用できなくなってしまったのだが、ステーションにはワゴンタイプの車がこの1台しかなく、代車を用意することはできないと伝えられてしまった。そのため、仕方なくカーシェアを諦めて隣駅にあるレンタカーを借りることになったという。 「後日カーシェア会社から連絡があり、原因は直前に利用していた家族のお子さんがゲロを吐いたそうです。その方は清掃をして大丈夫だろうと思いそのまま返却していたとか。ですが、染み込んだゲロの匂いは車の中で広がっており、ただゲロを拭き取るだけでは消えなかったんです。  お陰でカーシェアよりも割高なレンタカーを利用するハメになり、手続きなどで時間もかかり出発は大幅に遅れました。もちろん、差額などの補償はナシ。カーシェア会社からは前運転者は退会処分にすると言われたんですが、まぁ、納得いかないですよね」  カーシェアでは他の会員に迷惑となる行為をした場合、酷い場合は会員資格が停止となる。この場合は先に借りた人が返却時にきちんとカーシェア会社に子供がゲロをしたことを伝えておくべきであった。汚しても清掃すればよい、というものではないのだ。
次のページ
動物の毛やゴミが散乱
1
2
3
4
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事