ライフ

リーバイスデニム「501・505・517」基本3モデルの特徴と着こなしの注意点

 メンズファッションバイヤー&ブロガーのMBです。洋服の買いつけの傍ら、「男のおしゃれ」についても執筆しています。連載第333回目をよろしくお願いします。
メンズファッションバイヤーのMB

メンズファッションバイヤーのMB。「『おしゃれに見える』にはちゃんと理由があるんです」が持論(撮影/難波雄史)

 いよいよデニムの春が来た!  ここ数年、カジュアルでもスラックスの波が来ており、デニム派は肩身の狭い想いをしていたはず。街を歩けばワイドスラックスやアンクル(9分丈)スラックスなどで溢れており、デニムはすっかり見なくなっていました。  しかし! いよいよデニムが復権の兆し!  海外のコレクションブランドもデニムをここ数シーズンにおいて多く展開するようになってきており、リーバイスや古着なども再評価されています。  そこで、今回はデニムについて。「501? 505? 517?」など難解かつ区別のしにくいリーバイスデニムの品番について「これだけ覚えておけば間違いない!」というデニムの基本の「き」である3品番のシルエットをお教えします。  これを知っておけば、もうデニム選びに困らない!

▼まずは基本、デニムの王道「501」のシルエット

501

モデル501(画像:「リーバイス」公式サイトより)

 まずはデニムのアイコンである「モデル501」。  1853年にアメリカで生まれたリーバイスはもともと作業労働者用のワークウェアブランドでした。  金の採掘が盛んだったゴールドラッシュ時代に何度洗っても、何度履いてもほつれないタフなパンツの需要があり、糸による縫製ではなく金属パーツの「リベット」で補修した革新的なデザインのリーバイスが高い評価を得たのです。  1890年当時に生まれたロットナンバー「501」はその後、西海岸の大学生らによりファッションアイテムとして幅広く活用されることになりました。

ベーシックなストレートシルエットが基本

 デニムの源泉といえる501は年代によりさまざまなバリエーションが存在するので、一概に「コレ」と言い切れないのですが、基本はベーシックなストレートシルエット。  ウエストから裾にかけてテーパードをさほどしていないストレートタイプです。そのため、着用すると細くも太くも感じない、ほどよいバランスとなっています。  ただし、現代のトレンドにおいてはあまりのベーシックシルエットゆえに上手に着こなさないと「普通」とも感じられるもの。  世界中で認知の高いシルエットだけにベーシックアイテムではありますが、「これさえ履けばおしゃれになれる」というものでもありません。  ベーシックゆえの難しさもあるでしょう。
次のページ
「505」はリーバイス初のおしゃれ着モデル
1
2
3
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事