カーライフ

フェラーリのマフラー職人が10年落ちレクサスを愛車に選んだ理由

周回遅れでハイテクに感動!

オートクラブ

LEXUS CT200h

 カーマニアなら、クルマ全般に詳しくて当たり前と思うかもしれませんが、新車や最新装備に詳しい人から特定の車種を偏愛する人まで、カーマニアもいろいろ。今回紹介する岡田ピーは長年、中古フェラーリ中心のカーライフを送ってきた古典的カーマニアですが、最近10年落ちのレクサス&ハイブリッドを手に入れたところ衝撃を受けたそう。何がそんなによかった? 【画像をすべて見る】⇒画像をタップすると次の画像が見られます 永福ランプ(清水草一)=文 Text by Shimizu Souichi 和田堀兵衛=写真 Photographs by Wada Boribee

初レクサス&初ハイブリッド。10年前の最先端は、カーマニアの劇薬!

 ここに一人のカーマニアがいる。  その名は岡田ピー。「キダスペシャル」という、フェラーリ用の快音マフラーを作る職人だ。  私は彼の作ったマフラーを何本も買い、愛車のフェラーリに装着して火を噴かせてきたが、彼はフェラーリ用のマフラーを作るだけでなく、自らも5台のフェラーリを乗り継いだ経験を持つ、古典的なカーマニアである。
オートクラブ

謎のマフラー職人・岡田ピーって?

オートクラブ

「キダスペシャル」とは、フェラーリやアルファロメオなどの快音マフラーを注文製作する工房。謎のマフラー職人・喜多豊氏が創業し、岡田ピーが後を継いだ。永福ランプは師匠時代から長年愛用する

オートクラブオートクラブ
次のページ
足グルマにお金はかけられない
1
2
3
4
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事