エンタメ

全裸監督・村西とおる「同じ人生をもう一度生きられる自信はない」

“AVの帝王”こと村西とおる監督の伝記自伝をもとにしたNetflixのオリジナルドラマ『全裸監督』は現在、シリーズ2も公開され話題となっている。そんな村西監督のリアルな制作現場に密着したのが、現在、U-NEXTで配信中の『天才・村西とおるのチ〇コが勃つテレビ』。H-NEXTで配信する新作AVの撮影現場に密着した《AV 連動型バラエティ番組》だ。本作にかける情熱を村西監督に語ってもらった。 【村西とおるの前回記事を読む】⇒「AVの帝王・村西とおる「野生動物の性欲よりもたくましい人間の妄想力」」はこちらへ
村西とおる

村西とおる監督

【画像をすべて見る】⇒画像をタップすると次の画像が見られます

50万円払って何を勉強してるのか

――『天才・村西とおるのチ〇コが勃つテレビ』のエピソード5に3人の童貞が登場しますが、どうやって集めた人たちなんですか? 村西:どこから連れてきたかというとね、童貞をエサにして金儲けをしている奴がいるの。50万円ぐらい入学金を取って、「君の童貞喪失シーンを軽やかに艶やかに演出しますよ」「愛しい人を天国に導くためのレッスンを受けてみませんか」と生徒を集める学校があるんです。童貞喪失なんて風俗に行けばいいんだけど、この3人は「童貞は自分の最愛の人に捧げたい」とこだわっているのよ。愛しい人は、そんなの全然気にしてないですよ。相手は誰であれ、イカせまくってくれればいいんだから。男側が変なこだわりを持っているわけ。 ――わりと見た目はイケてる3人でしたけどね。 村西:その学校で何を教えているのか知らないけど、その童貞たちにクリトリスの位置やヴァギナの位置を絵に描いてみろって言ったの。そしたらアナルの奥にヴァギナがあるような絵を描いてみたりして、何を50万円も払って勉強してるんだと。こういう人たちが少子化問題を深刻なものにしているんです。

失敗のないところに成功はない

村西とおる――少子化問題の元凶が集まったと。 村西:昔なんて、好きな人や愛しい人じゃないといけないとか、真実の愛がどうたらでセックスなんかしてませんよ。お見合いでもいい。親戚縁者のご紹介でもいい。とにかく与えられた方と、出会った瞬間に出来上がりだったんです。「動物じゃないんだから誰でもいいわけじゃない」なんてくだらないことを言ってる間に、少子化問題は進む一方。 ――女性側はどうですか? 村西:女性は違いますよ。人生をエンジョイするものとしてセックスを考えています。衣食住と同じ。男に所有されたり、制約されたり、束縛されたりするものじゃない。好き勝手に楽しんでいますよ。3Pだったり、自分のほうから攻撃するセックスだったり、無理やり犯されたい願望だったり、近親相姦だったり、一般的に「よこしま」と言われていることを夢見ているんです。女性は、一般常識とか倫理に絡めとられない性愛の世界を妄想しているんです。野郎のほうが童貞喪失のために50万円を払ってたんじゃどうにもならないですよ。この辺も是正しなきゃいけない。変なプライドばかりあって臆病なのよ。当たって砕けろ。セックスなんて失敗の積み重ねじゃないと成功しないんだから。どんな経験でもそうでしょう。失敗がないところに成功はないんです。りっしんべんの性交は成功でもあるんですよ。
次のページ
前科7犯、懲役370年の気迫
1
2
3

【作品情報】
「数多くの伝説を生み出してきた村西とおるが6年ぶり に生み出す、新人女優のAVデビュー作がU-NEXT(https://video.unext.jp/)のアダルトコーナー「H-NEXT」にて配信! 村西とおる新作AV作品公開に伴い、《AV連動型バラエティ番組》『天才・村西とおるのチ○コが勃つテレビ』では、 その素人立ち入り禁止の撮影現場に密着。企画から制作まで全てに力を振るう彼の姿と、現場で飛び交う “全裸監督節”に注目!」
Cxenseレコメンドウィジェット
ハッシュタグ
おすすめ記事