エンタメ

渋谷直角新刊『世界の夜は僕のもの』に江口寿史、ヒコロヒー、コナリミサトが推薦コメント

 『奥田民生になりたいボーイ 出会う男すべて狂わせるガール』(17年映画化)、『デザイナー渋井直人の休日』(19年ドラマ化)などで知られる漫画家の渋谷直角が90年代のカルチャーと青春を描いたコミック『世界の夜は僕のもの』が9月29日に発売される。  登場するのは、『i-DJAPAN』『CUTiE』『オリーブ』『コミックキュー』、渋谷パルコ、ソニープラザ、アフタヌーンティ、ボディショップ、ヒステリックグラマー、アニエスベー、ダウンタウン、ナチュラルハイ、魚喃キリコ、岡崎京子、安野モヨコ、ジャミロクワイ、フィッシュマンズ、サニーデイ・サービスetc. 90年代を彩ったカルチャーと、当時を生きた若者たちの夢や恋愛、友情を綴った、懐かしくそして新しい連作短編集だ。
世界の夜は帯アリ書影

『世界の夜は僕のもの』渋谷直角(扶桑社刊)

 発売にあたって、漫画家・イラストレーターの江口寿史、「国民的地元のツレ」としてブレイク中の芸人・ヒコロヒー、漫画家・コナリミサト(『凪のお暇』『珈琲いかがでしょう』)が推薦コメントを寄せてくれた。 溢れ出そうな記号の中のたったひとつのリアル 若者が求めるのはいつだって恋と革命だってこと まだ誰も描いていなかった90年代ジャパニーズ・グラフィティ ――江口寿史(漫画家・イラストレーター) いつの時代も切実な 若者の『よすが』を 描いた普遍の物語」 ――ヒコロヒー(芸人) 登場人物全員が いとしいです。 世界の夜は僕のものだ。ずっと。 ――コナリミサト(漫画家)  作者の渋谷は、今作で90年代の東京を描こうと思った理由を語ってくれました。作者の渋谷は、今作で90年代の東京を描こうと思った理由を以下のように語ってくれた。 「自分が、モロに青春時代を過ごした90年代のことを描くっていうのは、少し後ろ向きな気がしてしまって、ちょっとどうかなとこれまでは思っていました。  でも、近年、20代のバンドやミュージシャンの人と話をしていると、あんまり自分たちの若いころと変わんないかな、と思ったり、同じようなことは90年代にもあったよな、と思うことも多いので、単純におじさんのノスタルジーという着地にならずに物語を描けるかもしれないという気分になって、いっちょやってみようかと思いました。  同時に、90年代の、あんまり今では振り返られないようなところとか、どうでもいいような部分をミッチリ描いておきたい、という気持ちもありました。大枠のことは今でも情報として残されているけど、当時の自分たちの気分とか価値観と、その時々の流行は密接なので、情報として抜け落ちてしまっている細かい機微とか雰囲気も同時に残しておけると、ひとつの価値が出るかな、と思いました。  現象だけ切り取ってこうだった、というより、連綿と続くカルチャーなり文化の歴史の中の、90年代部門にヌルッと入っているような、今にも繋がっているカケラがたくさんあるような漫画を、今回は描けたらいいかなあと思いました。90年代をテーマにした作品も最近は割と増えているので、一部のニッチなところ(自分なら描けるかも、というところ)を執拗に描いた作品として楽しんでもらえたらと思います!」  日刊SPA!では発売を記念して第1話から第4話までを一挙公開。90年代に青春を送ったという世代も、90年代カルチャーにはじめて触れる世代も、ぜひ読んでみてほしい! ch1 ch2 ch3 ch4 ch5 ch6
次のページ
第2話
1
2
3
4
『世界の夜は僕のもの』

渋谷直角が、90年代を描く!
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事