ライフ

「何もしていないのに妻が突然キレる」原因は男にあり? 当事者が気づきにくい「受動的加害」とは

TAKEBE160224540I9A0512_TP_V

「何もしていないのに妻の機嫌が悪くなった」「女は感情的」と言う前に……それは、「何もしていない」こと自体が原因だと知っていましたか?

「なぜ怒っているのかさっぱりわからなくて……」

 DV・モラハラ加害者が、愛と配慮のある関係を作る力を身につけるための学びのコミュニティ「GADHA」を主宰しているえいなかと申します。  僕自身もDV・モラハラ加害者です。そのせいでたくさんの人を傷つけ、仕事や家庭が破綻寸前になり、ようやく自身の加害行為、それを生み出す加害的な思考・価値観を自覚しました。現在は日々自分の言動を改善しながら、妻と関係を再構築させてもらっています。  この連載では、僕自身の経験や当事者会での気づきを共有していきます。職場や家庭でモラハラに苦しんでいる方々、無自覚に加害を行っている方々の参考になれば幸いです。  GADHAでは、毎月数百もの悩み相談と回答のメッセージがslack上で行き来します。GADHAに参加し始めたばかりの方は自分の加害行為を自覚できないことも多く、「パートナーに突然キレられたのですが、何が加害なのかさっぱりわからなくて……」という相談もあります。  僕自身もそうでしたが、「悪意」もなければ「自覚」もできないからこそ、行動を改めることができずに繰り返してしまう、それこそが問題なのです。  具体的にはこんな事例がありました。 「業者を呼んで自室のエアコンを修理したら突然怒り出したんです。妻の部屋のエアコンも数日前から調子が悪いと言っていたんですが、そっちはそっちで修理してもらえばいいじゃないですか……私は何もしていないのに勝手にキレて、挙句の果てに離婚だと言い出して困っています。こんなの大したことじゃないのにいちいち感情的に反応されても困ります」  相談者から見れば「何もしていない」のに何故これがパートナーを激怒させてしまったのでしょうか?その理由を述べていきます。

「ケアをしない」という受動的加害

 加害の見え方には大きく分けて2種類ある、とGADHAでは考えます。一方は能動的な加害、もう一方は受動的な加害です。そして、それはどちらも「ケアの欠如」と言う点において同じく加害と言えます。  この事例は、受動的な加害の典型です。加害者からすれば自覚が非常に難しく、一体何が悪いのかもわからないと感じるでしょう。しかし、これはGADHAの考えでは加害と認識されます。  能動と受動の違いとはなんでしょうか?  能動は「自分のニーズを相手に押し付けようとすること」であり、受動は「相手のニーズを受容しないこと」です。究極的には同じことですが、前者の方が明らかに加害と認識しやすい一方、後者の加害はわかりづらいです。どちらも他者(のニーズ)を尊重すること=ケアをしていない、という意味で相手を軽んじています。 「数日前から調子が悪いと言っていた」ということは、パートナーが困っていることを把握しており、相談者は明らかにそこにニーズがあると判断できる状況でした。  さらに、自室のエアコンを修理するために具体的な行動を取っていますから、相談者は解決する方法を知っていたのです。ニーズがあり、それを解消する方法があるのにそれを行わないという不作為を「している」わけです。  同じように満たせるはずのニーズがあるにも関わらず、パートナーのそれは無視して自分のものだけをケアしている、という状況になっています。 「そっちはそっちで修理してもらえばいい」と言っていますが、仕事や子育て、家事などで忙しい中、修理の手配をするための時間を確保できなかったのかもしれません。  というか、修理ができるならすでにしているわけで、何らか困っているのにすぐ動けない理由があるのだな……と考えることができます。  相談者は「何もしていない」と考えていますが、実際には被害者が助けを求めている状況で、助ける方法を知っているのに無視して自分だけのケアをした、と理解することができます。  被害者からすれば、「この人は私が困っていても自分のことをするだけなんだ、私のことはどうでもいいんだな」という認識が生まれてもおかしくない出来事です。
次のページ
人は、ニーズを「満たそうと」してくれる存在に愛着が生まれる
1
2
テキスト アフェリエイト
新Cxenseレコメンドウィジェット
Pianoアノニマスアンケート
おすすめ記事
おすすめ記事
Cxense媒体横断誘導枠
余白