ライフ

偏差値35、いじめられっ子が東大合格できた理由。エリートへの反骨を糧に

東大に合格したのはエリートばかりでない

西岡壱誠さん

 東京大学といえば、日本最難関クラスの大学。そこに通う学生の多くは、小さなころから塾通いをして名門中高を通ってきた、いわゆる「エリート」たちです。  しかし、それがすべてではありません。一部には、まったくエリートらしからぬ道筋をたどって東大に合格した学生もいます。ここでは、元落ちこぼれや休学経験者など、「普通の東大生」らしからぬ道を辿って東大へ入学した、みなさんの知らない「リアルな東大生」の姿をお届けします。

偏差値35からの大逆転

「僕は小学校のころから高校生になるまでずっと、成績が悪かったんです。だから、小さい頃は自分が東大に行くなんて考えたこともありませんでした」  そう語るのは現役東大生にして作家、そして現在は社長業を営んでいる西岡壱誠さん。今でこそ現役の東大生として様々な教育・受験情報を発信している彼ですが、もともとは「偏差値35」というほど成績が悪かったと言います。  そして、この成績の悪さは小中高と10年以上にわたって彼を追い詰め続ける要因となりました。彼は、その成績不振などから、常にいじめにあっていたのです。  アレルギーのために、私立小学校へ通うことを余儀なくされた小学校時代の西岡さん。そこで待っていたのは「勉強ができないから」という、あまりにも一方的な理由でのいじめでした。
次のページ
いじめっ子たちに感じた同情
1
2
3
テキスト アフェリエイト
新Cxenseレコメンドウィジェット
Pianoアノニマスアンケート
おすすめ記事
おすすめ記事
Cxense媒体横断誘導枠
余白
ハッシュタグ