仕事

「汚い、臭い、給料安い、残業してなんぼじゃ若い人は来ない」従業員を10倍超に増加させた工場の“超放任主義”

自己中心的な振る舞いで会社に迷惑をかける、効率重視に周囲を巻き込むetc. ――若手世代に潜むモンスター社員により、職場の社員全員が大迷惑を被るはめに……。そんな彼らの撃退法を聞いた!

売り上げを20倍に伸ばした風雲児社長の考え

最恐[モンスター社員]図鑑

坂口捺染社長・坂口輝光氏

若い世代のモンスター社員に対して、「そのままにしておくべきなんじゃない(笑)」と持論を語るのは、“フラットすぎる”会社経営で売り上げを20倍に伸ばす手腕を見せ、岐阜の風雲児と呼ばれるプリント加工会社「坂口捺染」の社長・坂口輝光氏だ。 「そもそも、俺は、『若いからこう』『年上だからこう』と、年齡によって対応を変えたことはないです。社長だけど、目線は一緒になって会話する。誰かをえこひいきすることなく、風通しの良い雰囲気をつくってあげたい」

坂口社長が貫く徹底した“従業員第一主義”

「会社は人がすべて」と、徹底した“従業員第一主義”を貫く坂口社長。その結果、岐阜市の奥という閑散とした地域ながら、従業員を10倍超も増加させた。下は10代、上は70代と、さまざまな年齢層の従業員がここに入社したのだ。 「工場って、以前は『汚い、臭い、給料安い、残業してなんぼ』みたいな風潮がありました。それだと、若い人も働きたいと当然思わない。だから、これまで4億円かけて弊社工場をイチからリノベーション。 狭かった通路幅を4倍にして、エアコンが効くように断熱材を総入れ替えしたし、休憩室も綺麗にした。ついでに惰性だった朝のラジオ体操もやめて『朝ヨガ』に変更したら好評でした」
最恐[モンスター社員]図鑑

社内には、なぜか駄菓子屋も。「毎日子供たちが学校帰りに集まります。ここが憩いの場になれば」

次のページ
放任主義が若手社員をヤル気にさせる
1
2
3
テキスト アフェリエイト
新Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事
おすすめ記事
Cxense媒体横断誘導枠
余白
Pianoアノニマスアンケート
ハッシュタグ