エンタメ

前田敦子「20歳そこらはまだまだ子供だと思う」

前田敦子

撮影/齋藤清貴

 絶大なる人気を誇る国民的アイドルグループ、AKB48からの卒業を宣言した前田敦子。今、彼女の次なるステップに、日本中が注目していることだろう。そんな最中、第144回芥川賞受賞作を完全映画化した『苦役列車』(7月14日より全国ロードショー)で、ヒロインを演じることになった彼女。女優として新たな第一歩を踏み出した“あっちゃん”の今を聞いた。 ――映画の中で「若いんだから夢を持て」というセリフがありましたが、それについてはどう思いますか? 前田:そうですね。やっぱり夢を持ってなきゃ絶対にもったいないと思います。 ――前田さん自身は夢を叶えたという実感はありますか? 前田:もちろん。いっぱいありますよ! ――それはAKBに入って? 前田:そうですね。すべてはそこからですけど……。本当に、今思い返してみても、いっぱいあります。だから、夢は持っておくものだと思いますし、持たないと絶対に損だと思います。私自身もこれからどんどん夢を持っていきたいし。 ――“若い”という実感は自分でありますか? 前田:あります。まだまだ20歳そこらは自分では子供だと思うので。  今後は女優業に専念するという彼女。だが、これからの目標はあえて明言しなかった。その胸の内については、『週刊SPA!』6/26発売号の「エッジな人々」にて存分に語られている――。 <本誌構成/太田江美 再構成/SPA!編集部>
週刊SPA!7/3・10合併号(6/26発売)

表紙の人/前田敦子

電子雑誌版も発売中!
詳細・購入はこちらから
※バックナンバーもいつでも買って、すぐ読める!
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事