カーライフ

【エコカー補助金】日本経済にはどんな効果があった?

環境性能に優れたクルマいわゆるエコカーを新車で買うと、普通自動車は10万円、軽自動車は7万円、国から補助金がもらえるというエコカー補助金制度。そんなエコカー補助金が、もうすぐ予算が尽きて終了する見通しだ。果たして日本経済にとって意味のある政策だったのか? 三橋貴明先生に聞いてみました

【三橋貴明×清水草一】

エコカー補助金清水:僕はつい最近まで、国家財政も家計簿みたいなものだろう! と思ってたんです

三橋:そういう人、多いです

清水:だから借金は早く返さなきゃいけないし、エコカー補助金みたいな生活保護は早くヤメロ!と思っていたんですが、三橋さんの本を読んで、それが大間違いだったことに気づきました

三橋:よかったです(笑)

清水:そこで今回お尋ねしたいのは、もうすぐ尽きて終了する今回のエコカー補助金、あれの効果はどうだったのか? ということです

三橋:わかりました。まず減税や補助金というのはですね、例えば子ども手当みたいにただ配っても、全額貯金されちゃったら、経済効果はまったくないんですよ

清水:いわゆるバラマキですね

三橋:バラマキにもいいバラマキと悪いバラマキがあって、子ども手当は悪いバラマキです。でもエコカー補助金は、クルマを買った人しかもらえませんから、必ず消費が伴う。これはいいバラマキなんです。消費が増えればGDPが増える。2009年のエコカー補助金のときは、2年間で7兆円以上も、GDPを押し上げる効果があったと言われてます

清水:GDPが増えれば、税収も自動的に増えるわけですよね

三橋:増税しなくてもね

清水:今回のエコカー補助金は、予算が約3000億円でしたけど、その間自動車の売れ行きがどれくらい伸びたかというと、対前年比で約50%増。台数では、1~6月で約100万台増えました。1台150万円として、1兆5000億円。最低でもそれだけGDPを押し上げたわけですよね

三橋:そういうことです。でもそれだけじゃないんですよ。

【後編】に続く⇒http://nikkan-spa.jp/270326
消費税を上げなくても日本の税収がアップする方法

― 日本経済のためにもエコカー補助金は“とりあえず”延長すべき!【1】 ―

ぼくらの日本』三橋 貴明 (著)

経済成長を知らない世代へ




おすすめ記事