カーライフ

消費増税のとばっちり! 自動車関連税制はどうなる?

ここに2台のクルマがあります。1台はメルセデス・ベンツが誇る新型Sクラス。1000万円オーバーの超高級車です。もう1台はスズキのスペーシア。堀北真希がCMする軽自動車で、100万円+αで買えます。この2台のような超高級車と軽自動車が、いずれも“消費税増税のとばっちり”で、消費税以外の税金が増えるかも!?

MJブロンディ=文 Text by Shimizu Souichi
池之平昌信=写真 Photographs by Ikenohira Masanobu

ベンツ,スズキ◆増税待ったなし!?日本の自動車関連税制について愚考しました

 いよいよ来年の4月から、消費税が8%に上がります。あらゆる分野で駆け込み需要が取りざたされておりますが、自動車においてはどうなるのでしょう。

 基本的には、消費税率が上がった分、自動車取得税が安くなるので(10%時には廃止)、普通車ならおおむねトントン。軽自動車はもともと取得税率が低かったので2%強アップ。それは前から決まっていた。

 ただし、現在日本で売られているクルマの8割が、エコカー減税によって取得税を減免されていた。つまり、取得税がなくなると、エコカー減税もなくなっちゃう。

 加えて、取得税は地方税。地方自治体は「廃止するなら補填しろ!」と言っている。あちらを立てればこちらが立たずでございます。

 まだ決まっておりませんが、総務省の有識者検討会が示した案は、「燃費の悪いクルマや、値段が高いクルマは、登録初年度のみ自動車税を増税」「軽自動車税は安すぎるので増税」。そんな感じです。

 で、今回ご紹介するのは、値段がべらぼうに高い超高級車と税金が安すぎる軽自動車の2台でございます。

 まずは新型メルセデス・ベンツSクラス。呆然としました。あまりにもイイ。すべてがイイ! 特に乗り心地!

 S550ロングの「マジックボディコントロール」は、カメラで路面の凸凹を検知し、それに合わせてサスペンションを動かすという、驚異のシステムでございまして、まるで路面の凸凹がないように走ります! 凸凹を感じないので、ありがたみも感じない! でもほかのクルマと乗り比べると「マジすかっ!?」って感じ。これぞ魔法の絨毯だ。

 後席の快適性を重視した「ショーファーパッケージ」仕様は、まさにファーストクラス。超絶リクライニング+オットマン&フットレストで王様気分。これはもはや快適を超えた陶酔の世界だ。宇宙は俺様を中心に回ってるぜ。

 価格は1535万円~(S550ロング)。カタログ燃費はリッター10.1kmと良好につき、エコカー減税50%の対象車です。4月以降は確実に増税になるので(35万円くらい?)、お買い求めはお早めに。金持ちほどケチですからね。

⇒【後編】に続く「燃費の悪いクルマ、高級車、軽を増税するのは妥当!?」
https://nikkan-spa.jp/534528


⇒【写真】「新型メルセデス・ベンツSクラス」はコチラ
https://nikkan-spa.jp/?attachment_id=534597


1962年東京生まれ。慶大法卒。編集者を経てフリーライター。『そのフェラーリください!!』をはじめとするお笑いフェラーリ文学のほか、『首都高速の謎』『高速道路の謎』などの著作で道路交通ジャーナリストとしても活動中。清水草一.com





おすすめ記事