エンタメ

アイドルグループBiS、女装イベント「プロパガンダ」でハプニング

 1月26日、都内最大の女装ニューハーフイベント「プロパガンダ」にて、ケツバット会などで話題に欠かないアイドル「新生アイドル研究会 BiS(ビス)」がライブを行った。毎月最終土曜日に行われている同イベントには、女装子、ニューハーフが多数集まり、都内だけでなく地方からの遠征者もいるメッカ的な存在だ。会場には、常連客をはじめBiSのファン(研究員)も駆けつけ、なかには初女装、BiSメンバーのコスプレをしている人もいた。

BiS,プロパガンダ

BiS(左から、ヒラノノゾミ、テラシマユフ、プー・ルイ)

 ライブには、プー・ルイ、テラシマユフ、ヒラノノゾミの3名が登場。定番の『survival dAnce〜no no cry more〜』から始まり、『primal.』『PPCC』ほか全13曲を披露。機材トラブルで一時ライブが中断というハプニングもあったが、マネージャーがステージに登場し、テキーラショット2発+脱衣でことなきを得た。ファンは大盛り上がりであったが、メンバーは「人として最低ですよね」(テラシマユフ)「見せるほどのものじゃないのに」(プー・ルイ)と苦い表情。

 最後の曲『レリビ』では、ステージ上にファンがのぼり、メンバーは通路に降りるというほどの盛り上がりをみせた。女装イベントでのライブという面白い試みにメンバーは、「すごいかわいくって、新メンバーにしたいです」(テラシマユフ)、「みんなかわいくって、女子力高い。なんかいい匂いしたし、仕草も女の子っぽかった」(プー・ルイ)、「夜中ってこともあって、みんなぶっこわれてましたね」(ヒラノノゾミ)と満足気だった。

 BiSは、3月16日に両国国技館でのワンマンライブが決定している。ライブに向けて、「他のライブハウスとは違う演出に期待してください」(テラシマユフ)と気合い十分な一方、「照明使わないって言ってたよ」(プー・ルイ)「えー初めて聞いた!」(テラシマユフ)と、何やらまた仕掛けが用意されている模様。BiSの動向には今後も目が離せない。

⇒【画像】BiS ライブの模様
http://nikkan-spa.jp/376879/pgbis_01


 また、ライブが開催されたイベント『プロパガンダ』の模様をお届けしよう。イベントでは常連客はもちろん、イベントで初女装を体験する人も多い。今回のライブで女装してきたBiSのファンも「家から女装してきました。恥ずかしかったけど、また機会があればやりたいです」「女友達には『かわいい!』って反応よかったです」と、新たな世界の扉を開けたようだった。

 ほかにも、女装未経験だった男性が、メイク学校に通う学生にメイクをしてもらい、女装デビューを果たしていた。必死に自撮りをしたり、他の女装子と一緒に記念撮影したり、会場で放送していたニコニコ生放送のブース横で「えー。一緒に出てくれるなら出てもいいよ」と恥じらったりと初女装を楽しんでいた。

⇒【画像】会場にいた女装子・ニューハーフさんたち
http://nikkan-spa.jp/376879/pgbis_14


<取材・文・撮影/三条マリ>

ハッシュタグ




おすすめ記事