雑学

amazonは「.com」でアカウントを作るとお得度アップ

amazon,海外通販

ページレイアウトは日本とほぼ同じなので、辞書片手に登録すれば操作性はほとんど問題なし!

 円安が進む昨今だが、モノによってはまだまだ海外から格安で買うことができる。言語や関税のハードルはあるが、日本でも広く利用されているAmazonならば簡単だ。

 日本のアカウント、amazon.co.jpは海外のamazonで使えない。しかし、amazon.comでアカウントをひとつ作成すれば、米英独仏加伊と6か国のamazonで利用することができるのだ。そのため、物によっては生産国のamazonで購入するなどすればより安価に購入することだってできる。

 アカウントを作るには、amazon.comにアクセスし、メインページのSign inをクリックし、メールアドレスとパスワードを設定するだけ。ページのレイアウトは各国似ているので日本のAmazonと比べたり、分からない単語があればYahoo!やGoogleの翻訳ページを使えば簡単に作ることができる。

 では、実際何がどれくらい安いのか? 頻繁に海外通販を利用する小野良明さん(仮名・37歳・配給会社)に話を聞いた。

「今一番安いのは日本アニメのBlue-ray。日本で3万円のBOXセットが、海外では3000円で買えることもあります」

 文字通り桁違いの安さだ。

「服や時計はブランドとモデルによりますが、最近買ったDIESELのジャケットは日本で3万7000円するものが、送料込みで2万円でした」

 通常購入の場合、輸入代理店などを通すため、日本ではどうしても高くなる。しかし、海外のamazonで買えば、それがないので円安や送料などがあっても安くなる場合があるのだ。

 ただし、注意も必要だ。

「BDやDVDの場合は再生方式とリージョンコード。これが違うと日本では再生できません。洋服の場合、Mは何cmが基準とかのサイズ。どちらも商品横のDetailsやSizing infoをクリックして、しっかり確認してください」

 5/21発売の週刊SPA!の特集「[最安値でモノを買う]実践術30連発」では、この他にもQOL(クオリティ・オブ・ライフ)を求めつつも安価に購入する方法を実地検証している。 <取材・文/週刊SPA!編集部>

週刊SPA!5/28・6/4号(5/21発売)

表紙の人/星野源

電子雑誌版も発売中!
詳細・購入はこちらから
※バックナンバーもいつでも買って、すぐ読める!




おすすめ記事