雑学

「ふるさと納税」を利用すれば、ブランド牛が堪能できる

’08年から始まった「ふるさと納税」制度。名前は知ってても中身は知らないって人も多いはず。でも、実はとてもお得なんです。ちょっとのお金で地域貢献できて、税金が控除され、いろんなものがもらえて……と、いいことずくめ。これをやらない手はないですよ!

◆[豪華&お得 部門]飯豊町では1万円で米沢牛のしゃぶしゃぶ肉が500g

ふるさと納税 自治体が寄附額に応じて用意しているさまざまな特典。まずは山形県飯豊町から1万円以上の寄附でもらえる米沢牛のすき焼き・しゃぶしゃぶ肉500g。ブランド牛を堪能したい人にはうってつけだ。ほかにどぶろくや新米などもあるが、気になるのは「ふるさとの母から届く段ボール箱」、その名も“おっかのしゃえっこ”。HPの説明では「『その季節に一番おいしいもの』と『愛情という名の母のお節介』を好き勝手に詰め込んでお送りしますので、内容は特定できません」とのこと。開けてみるまでわからないとは、まさに実家からの荷物っぽい。

 また、選べる特典の種類が多いというのも、うれしいポイント。奈半利町(高知県)では1万円以上2万円未満の寄附でキンメダイやカツオ、アユ、米ヶ岡産豚肉1kgなど、寄附額にしてはなかなか豪華かつ23品目も揃ってる。吉野町(奈良県)は特産品の葛を用いた品をはじめ、柿の葉ずし、猪肉、地卵、桧のまな板、和紙など25種類(1万円~)。河内長野市(大阪府)は1万円以上でフルーツや日本酒、コーヒー、化粧品などバラエティ豊かな40種を用意。しかも3000円の寄附からちょっとした菓子なんかがもらえる。

 さらに特典64種類と他の市町村と比べて段違いに多いのが米子市(鳥取県)だ。大山ハム、ととりこ黒豚などグルメ系が充実してるほか、皆生温泉の宿泊割引券などバリエーション豊富。1万円以上でその中から1品(3万円以上は2品)選べるが、3000円でも地元特産品を詰め合わせた「米子市民体験パック」がもらえる。

 また、5000円からでもなかなか充実した特典が。浦幌町(北海道)がジンギスカン肉・ソーセージ類1.7kg、香美町(兵庫県)はセコガニ、干物セット、但馬牛など、江津市(島根県)は日本酒や醤油セットなど10種類から選べるようになってるのはお得感高し。

 加西市(兵庫県)も商品数は39種と豊富だが、こちらは3万円から100万円以上まで、寄附金額に応じてポイント換算。そのポイントに応じてカタログから自由に選ぶ方式だ。ただしポイント期限は翌年度末なのでご注意を。

 同様にポイント制にしているのが平戸市(長崎県)。2万円から寄附金額に応じてポイントが付与され、ポイントに応じて好きな特産品を選べる。内容もサザエや岩ガキ、平戸和牛など豪華なラインナップ。まあ、2万円の寄附で4000ポイント(4000円相当分の商品)と交換率はあまりよくないが、ポイントに有効期限がなく積み立てもできるので、「今年は貯めて、来年に良いものをもらおう」という使い方もできる。

※写真はイメージです。特典内容は各自治体HPの情報に基づいていますが、季節や年度によって変更の可能性があります。
― この[ふるさと納税]の特典がすごい!【2】 ―

100%得をする「ふるさと納税」生活

消費増税分を取り戻すスーパー“節税”メソッド。我が家の食費は年間0円!




おすすめ記事