雑学

今肉系大フィーチャーの第52回駅弁大会! 駅弁の世界にも「肉ブーム」が到来!?

 1月の風物詩「第52回元祖有名駅弁と全国うまいもの大会」が12日、東京・新宿の京王百貨店で始まった。全国 44の都道府県(今年は徳島、山口、沖縄を除く)から300以上の駅弁が集まる全国最大の駅弁大会だ。

 ’66年(昭和41年)から続く大会はいまや売り上げが6億円超。フードフェスブームの先鞭をつけたモンスターイベントで、“駅弁の甲子園”と呼ばれ、全国にその名を轟かせている。

 52回目の今回も、新作弁当がお披露目となる“対決モノ”が用意されている。平成29年を「にくの年」と銘打ってメインの対決に「牛肉駅弁頂上対決」、豚肉弁当にフォーカスした「トントン対決」、鳥弁当をとりあげた「イロトリドリ弁当対決」など、肉中心のラインナップ。

 例年、かに、うに、いくらが中心となり、カラフルに構成される「折込チラシ」(http://info.keionet.com/shinjuku/ekiben/pdf/shi_170112_72.pdf)も今年は“茶色多め”となっており、駅弁の世界にも「肉ブーム」到来をうかがわせる。

 また、限定パッケージの駅弁、復活&リニューアルした駅弁、昔からの定番人気駅弁や、お客さんの目の前で調理される実演販売、全国各地から直送される「輸送駅弁」コーナーなどもあったり、また全国のうまいものが販売されていたりと、毎日通っても飽きないほどだ。

 記者も毎年この駅弁大会に馳せ参じており、今年も開店40分前には行列に並び、注目の駅弁をゲットした。今回のメイン企画である「牛肉駅弁頂上対決」にエントリーしている5つのうち2種をさっそく購入し、試食した。

肉喰きローストビーフ弁当(北海道)と佐賀牛ロースステーキ&カルビ弁当(佐賀)

次のページ 
うに、カニばかりじゃない!牛まみれの北海道

1
2
3

【第52回元祖有名駅弁と全国うまいもの大会】
1月12日(木)~24(火)
京王百貨店新宿店7階大催場
午前10時~午後8時 ※18(水)は午後5時、24(火)は午後6時閉場
http://info.keionet.com/shinjuku/ekiben/index.html




おすすめ記事