雑学

散々な“口コミ”でも関係なく客が集まるラーメン店

「3.50点以上(上位3.63%)は高い確率で満足できる」と食べログは主張するが、ならば低評価な店はどうなのか? 食べログでは評価されなくとも実はうまい店をリサーチ!

◆「味が想像と違うから」評価を減点!?

元祖久留米らーめん 福ヤ

斎藤博幸さん

 SPA!にもたびたび登場している名物経営者・貞方邦介氏がオーナーの、久留米ラーメン店「福ヤ」。しかし、食べログを見ると「スープがぬるい」「店がとんこつ臭い」「久留米ラーメンが想像と違った」などなど散々な口コミが。とはいえ、店内でとんこつスープを仕込んでいれば、臭いが出るのは当たり前。「想像と違う」なんて言われても、それは個人の好みの問題では……。久留米ラーメンは東京ではほとんど見かけないし、博多ラーメンと同じものを期待して裏切られた人も多そうだ。そこで実際に足を運んでみると……。

「実は食べログの評価が低いことは、結構な悩みのタネなんです。やっぱりボクもお店を探すときに食べログの点数が高いところを選びますから……」(マネジャー・斎藤博幸さん)

 と、かなり食べログの点数を気にしている様子。しかし、ラーメンを食べてみると、スープがぬるいなんてこともないし、コクのあるとんこつスープと細麺がよく絡み、普通においしいではないか!

⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=594906

 なんでもこのお店、貞方氏が幼少のころ通っていた久留米の名店「大栄ラーメン」のスープを分けてもらって開店したのだとか。

「そのスープをベースに毎日新たに仕込んだスープをつぎ足す『呼び戻し』という技法を使っています。これは博多ラーメンなどにはない久留米ラーメンならではの伝統で、とんこつのうま味が凝縮される。また、背脂を揚げた『カリカリ』も入れていますし、ラーメンの味は自信があるんです」

 確かにその言葉通り、手抜きなどみじんも感じられない味。さらに、“とんこつ臭”も気になるほどではないし、店内は清潔感も十分。これといってマイナス評価をされる点もなさそうだ。

「ただ、開店したころにスタッフが慣れていなくて、サービス面でミスが多かった。それで低い評価をされてしまい、その後きちんと評価されても全然総合点が上がらない。総合点がどうやって算出されているかわからないので、手の打ちようがないんですが……」

 とぼやきつつも、一方では「食べログの評価を気にしてもしかたない」という意識もあるという。

「サービス面などはありがたいご指摘ですし、改善しなくちゃいけない。でも、『好みじゃないから』みたいな口コミを気にしていたら商売になりません。悪く書く人もいますが、よく書いてブログに載せてくれる人もいます。おいしいと言ってくれる人の声を大事にしていきたいですね」

 店内には、プライベートで立ち寄ったという芸能人の色紙がずらり。最近では、韓国のアイドルグループ・スーパージュニアが来日のたびに立ち寄り、ファンの聖地にもなっているという。真摯な味作りを続けていれば、食べログの評価に関係なく客は集まるのだ。

【元祖久留米らーめん 福ヤ】
食べログ評価⇒2.96
住:港区麻布十番4-3-1
電:03-5419-0055
営:11:00~15:00、18:00~翌3:00
不定休
最寄り駅:地下鉄麻布十番駅から徒歩1分
貞方邦介氏が故郷久留米の親善大使になったことをきっかけに、3年前にオープン。

― [食べログ3.0以下]でもうまい店【3】 ―




おすすめ記事