雑学

ヒゲの長さや角度のデザインでハゲでもイケメンになれる!?

あるべき場所に毛がなくても、なくてもいい場所に生やしていても、どこかカッコいい人と、そうでない人とは何が違うのか? 「顔が違う」――のは致し方ないとして……ちょっとした角度や見せ方、手入れの工夫で、イケメン風の雰囲気が醸し出せる、かもしれない!?

◆ヒゲの長さや角度のデザインでハゲでもイケメン化が可能!?

髭でイケメン ハゲ×ヒゲでモテる顔を作る方法を探りたい。ハゲの人からは「ハゲてからヒゲを生やすようになった」とよく聞くが……。

「おそらくそれは、頭髪がなくなることで変化した顔のバランスを、ヒゲで改善しようとする行為でしょうね。アゴにヒゲを生やせば、視覚上の印象では顔の長さも変わりますから、ヒゲにより先述の黄金比に近い顔を作ることも可能だと思います」(サイエンスナビゲーター(R)の桜井進氏)

 国内外の流行に詳しいAll About・メンズファッションガイドの首藤紳蔵氏も「薄毛の人こそヒゲがあったほうがいいはず」と話す。

「髪の毛が長く、量が多い人がヒゲを生やすと、顔の印象が過剰に強くなりがちですが、薄毛+ヒゲの場合はその心配もない。ヒゲを生やしても清潔な印象があるのは、薄毛の人ならではのメリットといえるでしょう」

 藤井実氏にも理容師の視点からハゲ×ヒゲの注意点を聞いた。

「ヒゲについては、太さや薄さを眉毛と揃えるとバランスが良くなる……という鉄則がありますが、もちろん髪の毛とのバランスも重要。残った髪の毛をヒゲと同じバランスで短く刈り込めば、やはり印象は良くなります。逆に頭はツルツルで、ヒゲだけを長く伸ばしてしまうと、かなり個性的な印象の顔になるでしょう」

 なお完全にハゲてしまった人こそ、「口ヒゲは口角から斜め45度に剃り上げる」という藤井氏の鉄則が役に立つかも。なんとこの数値、桜井氏が女性の顔立ちの分析で導き出した“美人角”と完全に一致しているのだ。

「美人と言われる女優やモデルの顔を分析すると、『両方の眉の端と唇の端を結んだ直線が作る角度が45度になることが多い』という傾向を見つけたんです。オードリー・ヘップバーンやマリリン・モンローはまさに45度でした。女性は、眉の長さを変えて美人角を作ることができますが、男性の場合はそれをヒゲで印象づけることができる、というわけです」(桜井氏)

 完全にハゲてしまった人も、ヒゲを整えることでイケメン風になることは可能なのだ!

ー モテる[ハゲ&ヒゲ]を徹底検証する ー

ハッシュタグ




おすすめ記事