ニュース

11月11日、関東に災害が起こる!? イルミナティカードからの警告

9・11の6年前に描かれた図柄

【9・11の6年前に描かれた図柄】 単にテロを描くのに、ツインタワーのビルを描く必要があったか? 01年の9・11テロよりも6年前に発売したにもかかわらず、だ。ペンタゴンが燃える様子を描いたカードも存在しているのである

最新著書「図解[闇の支配者]頂上決戦」の校了直前、著者であるベンジャミン・フルフォード氏の元へ、不明のメールアドレスから一通のメールが送られてきた。そのメールは、まだ世に出ていない著書で取り上げた「イルミナティカード」の一枚のカードを取り上げて、彼にある“警告”をしてきたのだった。

「イルミナティカード」とは、1995年にアメリカのスティーブ・ジャクソン・ゲームズが発売したトレーディングカードゲーム「INWO」のことだ。欧米でも荒唐無稽なものとして揶揄されがちなイルミナティの陰謀を、パロディ化したカードゲーム……と一般には言われているが、実はこのINWO、恐ろしい「予言」のカードなのだ。

繰り返すがこのカードの発売は95年である。にもかかわらず、01年に起きた9・11同時多発テロを完全に予見しているのである(http://nikkan-spa.jp/88455/yami_03)。3・11と思しきカードもある。津波が、福島第一原発のような建物を襲っているのだ。もちろん、テロや津波などは、陰謀論の世界でも常に登場することで、パロディとして描いた図柄が偶然一致したという反論も多い。しかし、ここまで似るだろうか?

販売元のスティーブ・ジャクソン・ゲームズが、言いがかりのような容疑で告訴されたりしているのも腑に落ちない。

崩壊するのは銀座の和光ビルか?

海外では、銀座の和光ビルと並べて「不気味なほど一致を見せている!」と比較検証するサイトも登場

そんな曰くつきのカードを引いて、フルフォード氏にどんな警告が発せられたのか? それは、銀座の和光と思しきビルが崩壊する「複合的な災害」というカードであった。そしてメールには、「“11・11”に気をつけろ」とあった。

フルフォード氏の経験上、闇の支配者が何か事を起こすとき、それが自分たちによって起こされたことだと示威するために、敢えてこうした予告をすることがあるそうだ。闇の支配者の暴露を報じる彼への警告の意味もあった新潟中越沖地震の際には、事前に「そんなことを書くと地震が起きる」とある人物に言われたし、3・11の際も、前日に面会を要求してきた人物が、彼の時計のアラームを翌日11時に鳴るようにセットしていたのだ。

警告の段階で表の世界に発信されれば、何も起きない場合もある。しかし、11月11日に「何か」が起きる可能性も残っている。

ベンジャミン・フルフォード氏

ベンジャミン・フルフォード氏

11・11に起きるのは関東を直撃する地震なのか? ギリシャ崩壊に端を発する世界的な経済危機なのか? それはわからない。しかし、フルフォード氏は「日本人は、そうした危機を乗り越え、アジア、いや世界の同胞とともに闇の支配者を倒す原動力になることができる」と、信じている。

取材・構成/Bernard Kon・Edward Takaya(本誌特約)

トランプ政権を操る[黒い人脈]図鑑

豊富な写真と図解でわかりやすくアメリカの“今”がわかる!


◆参考図書
闇の支配者 頂上決戦

ベンジャミン・フルフォード氏がジャーナリスト生命を賭けてかなり踏み込んだ内容まで触れた最新刊『闇の支配者 頂上決戦』。表のメディアが決して報じない、世界の真実がこの一冊に! 全国書店にて発売中。1500円税別、小社刊




おすすめ記事