ニュース

「10月28日に人類は滅亡しない!むしろ幕開け」マヤ暦再計算のカール・コールマン博士の解釈

2011年10月28日、古代マヤ文明の暦(マヤン・カレンダー)「長期暦」のサイクルが終わりを迎え、人類が滅亡するという説が話題になっている。昨年末に発売された週刊SPA!では、「2011年トンデモ大予測」の一つとして、この説について言及していた。

「スウェーデンのカール・コールマン博士という人が、2011年にマヤ暦が終わるという新説を唱えて、注目を集めています」

そう話すのは、同氏の著書『マヤ暦が終わるのは、2011年10月28日だった』の日本版監修を務めた小原大典氏だ。

「博士は独自の研究によってマヤ暦の始まる日付を見直し、そこから終わりの日を2011年10月28日と割り出しました。そして、その日付を起点に過去の歴史を研究し、生物の進化からヨーロッパの歴史、近年の情報技術の発展までが、一定の秩序で起こっていたことを証明したんです。さらに2004年の時点で、リーマンショックやドルの弱体化を示唆する発言もしており、未来予測の精度の高さでも注目を集めています

では博士の説が正しければ、来年に世界は滅亡する!?

「いえいえ。博士はマヤ暦を『人類と地球と宇宙が一体化した進化プロセスの道程表』として捉えているので、その終わりは進化の完成であり、世界の終わりではありません。それはむしろ『愛と全体性の黄金時代への幕開け』なんですよ。博士は基本的に『世界はいい方向に向かっている』と考えている人です。彼のマヤ暦解釈は、現状に絶望して『世界をリセットしたい』と考える人に人気の終末論とは、真逆のものなんですよ」

では、新しい世界の幕開けまでには何が起こるのか。我々は何に注意をすればいいのだろうか。

「具体的に何が起こるとは明言していませんが、既存の国家システムが崩壊へと向かい、アメリカの覇権も終わりを告げる……というのが博士の考えです。ほかにもさまざまな秩序崩壊が起こるでしょうが、それをマイナスに捉えず、黄金時代の幕開けに向けた『痛みを伴う改革』と考える柔軟性を持つことが大事でしょうね」

博士のマヤ暦解釈に従えば、未来に希望が持てるかも!?

小原大典氏
時間芸術学校クリカ主宰。シンクロニシティ、マヤ暦、ホリスティック医学などを統合的に研究している。著書に『シンクロニック・ジャーニー』『宇宙の暦は13ヵ月』がある

マヤ暦が終わるのは、2011年10月28日だった!

銀河地下世界は、私たちを愛と全体性へと導く

宇宙の暦は13ヵ月

意識デザインの入門書





おすすめ記事