エンタメ

オールジャニーズの実録ヤクザ映画化希望!【特別対談・杉作J太郎×坪内祐三】

 山口組の分裂騒動が世間を騒がす今、東映ヤクザ映画を愛する2人、杉作J太郎氏と坪内祐三氏が緊急対談。現実社会のヤクザの変化と、それに伴う実録ヤクザ映画の変遷に触れながら、「今こそ観るべき作品」「今こそ作るべき実録ヤクザ映画」を語り合う!

杉作J太郎×坪内祐三◆オールジャニーズの実録ヤクザ映画化希望!

坪内:東映の映画は、意外と歴史のいろいろなトピックを映画という形で押さえてはいるよね。

杉作:実録と謳った作品も、作者の作為的な部分が入ってきますから、真実があるのは端々なんですが、またそこがドキュメント映画の面白さだと思うんですよ。あと映画というものは、基本的に夢や希望を観せるハッピーエンドが望まれるものですが、ドキュメントタッチにしたときだけ悲劇が許される。で、我々男性はどっちかっていうと悲劇が好きなんですよ。

杉作:今回みたいなときは、昔の東映だったらとっくに映画を作り始めていますよね。

坪内:やっぱり映画化したほうがいいね。今回の山口組の分裂騒動もそうだけど、人数が多くて複雑じゃない。その複雑なことを理解するのは簡単じゃないから。

杉作J太郎

杉作J太郎氏

杉作:この状態ではヤクザがヒーローの映画は作りにくいでしょう。ヤクザと付き合いがあるだけで、テレビにも出られない状況では、役者も尻込みするでしょうからね。

坪内:岡田茂さんとか俊藤浩滋さんのような、「規制なんて知るか!」って言える大物もいなくなったよね。でも、ジャニーズタレント総出演のヤクザ映画なら映画化できるんじゃないかな。ジャニーズの製作だったら、警察もそう簡単に止めることはできないでしょう。

杉作:ヤクザ映画を観る層も一気に若返るでしょうね。

坪内:「任侠という日本の大事な魂を描きたいんだ!」と訴えてもらってね。ジャニーさんはアメリカンだけど(笑)。ジャニーズが実録ヤクザ映画を始めたら、ジャニーズ版のピラニア軍団(※川谷拓三、片桐竜次ら、各映画で殺られ役・悪役などを演じた東映の大部屋俳優)ができるかもしれない。

杉作:あらゆるアイドルが集まって、女子キャストでヤクザ映画をやるのもいいかもしれないですね。最近はアイドルでもすごい戦闘的なグループがいますし、グループごとに組を分ければ見た目の違いもわかりやすいじゃないですか。本当は、まだお元気な梅宮辰夫さんや千葉真一さんに出演してほしいんですけどね。

坪内祐三

坪内祐三氏

坪内:ただ司忍組長はアツイというよりクールな感じだから成田三樹夫が生きていればなぁ。

杉作:それかアニメですよ! グループがまとめて抜けて敵になる話って、ちょっと「聖闘士星矢」っぽいですし、車田正美先生に描いてもらいましょう。組ごとに髪の色を変えれば違いもわかりやすいですし、実録でもアニメまで離れてしまえば作れるはずですよ!

【坪内祐三氏】
1958年、東京都生まれ。文芸評論家。週刊SPA!で「これでいいのだ!」連載中。近刊に『人声天語2 オンリー・イエスタデイ 2009‐2015』『編集人兼発行人かく語りき』など

【杉作J太郎氏】
漫画家、コラムニスト、俳優など幅広く活躍。「男の墓場プロダクション」代表。近著に、東映映画シリーズの著作・第4弾の『東映スピード・アクション浪漫アルバム』がある

撮影/山川修一(本誌)
― ヤクザは日本の文化だ! ―




おすすめ記事