海外では“サイレントキラー”と紹介。「お餅」で亡くなる高齢者の多い日本

 年が明け、気持ちを新たにスタートしたい1月。しかし、1月は年間を通じて窒息による死亡事故が最も多い月で、その大半は高齢者によるものだ。新年を迎え、おめでたい気分で口にする「お餅」が主な原因とされている。

雑煮

新年の祝い餅は、海外で“Mochi: New Year’s Silent Killer”と紹介されている(2011.01.04)

 2016年も例外ではない。東京消防庁によると、元日、都内で餅をのどに詰まらせて病院に運ばれた人は、午後3時現在で、75歳から92歳までのお年寄り8人にのぼるという。1日午前10時過ぎには、杉並区の83歳の女性が、自宅で雑煮の餅を食べた際にのどに詰まらせ、心肺停止の状態で病院に運ばれ亡くなっている。

食べ物による窒息事故の9割は高齢者


 東京消防庁のまとめでは、2007〜11年の5年間に604人が餅や団子などによる窒息で救急搬送され、うち36%が1月に集中している。搬送者の9割は65歳以上の高齢者で、その約半数が生命の危険のある「重症」以上の診断を受けた。

「口腔周辺の機能が落ちている高齢者にとって、お餅を食べることは“自殺”に近い」と神奈川県内の病院に勤務する医療関係者は心配しこう続ける。

「年始にお餅を食べるときに注意していただきたいのは高齢者の方々です。高齢者は加齢により嚥下機能、唾液分泌量の低下、部分入れ歯を使用されているなどの理由から、毎年噛み切れなかったお餅による窒息や、お餅にくっついた入れ歯を誤飲するといった事故が相次いで発生しています。

 もしご家庭でお餅を食べる際は、細かく食べやすいサイズにしてから食べましょう。おしゃべりや口の体操をして唾液分泌を促してから食べたり、スープやお茶で口を潤してから食べることをお勧めします。

 餅を喉につまらせてしまった場合は、掃除機で吸引を行うという応急処置が有効ですが、緊急時ですのでもしもの際は迷わず救急車を呼んでください」

海外で“新年のサイレントキラー”と紹介された日本のお餅

 内閣府の食品安全委員会が発表した「食品による窒息事故についてのリスク評価」によると、お餅は最も危険な食品のひとつ。お餅はこんにゃくゼリーの30倍、飴の5倍ほど窒息事故の頻度が高い。あれだけ窒息事故で騒がれていた「こんにゃくゼリー」よりもリスクが高いというのは意外かもしれない。

⇒【資料】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=1021779

図表2「一口あたり窒息事故頻度」

食品安全委員会より

 およそ5年前ではあるが、2011年1月4日のウォール・ストリート・ジャーナルによる報道では、日本の伝統文化のひとつであるお餅について、“Mochi: New Year’s Silent Killer”という見出しで紹介されている。直訳すれば“新年の静かなる殺し屋”で、海外の読者からは驚きや戸惑いの反響が多数寄せられていた。

 お餅が危険だからといってむやみに規制されないのは、やはり日本の古きよき文化のひとつと考えられているからだろう。地方のお祭りで事故が起きても何となく受け入れられていることも、こうした背景があるからなのかもしれない。

 もちろん、何よりの予防となるのは、お餅の危険性を正しく理解することだ。東京消防庁は、「餅は小さく切ってよくかんで食べる。のどに詰まらせた場合は、意識があるか確かめたうえで、反応があればあごを支えてうつむかせ、背中を強くたたいてはき出させる」などの対応を取るよう呼びかけている。

 消費者庁のホームページでは、救急車が到着するまでの応急手当てとして、年齢・性別を問わず実施できる「背部叩打(こうだ)法」が紹介されている。食べ物を詰まらせた人が立っている場合は背後から、倒れている場合は横向きにして、手のひらの付け根で、肩甲骨の間を強く素早くたたく。回数にとらわれず、詰まったものが取れるか、反応がなくなるまで試みるというものだ。

 新年早々、身内の不幸で悲しむことのないよう、お餅を食べる際には十分に注意し、素敵な正月を過ごしていただきたい。 <取材・文/北村篤裕>

“8月”が断然お得!最強コンボで激アツなスマホ節約術

“8月”が断然お得!最強コンボで激アツなスマホ節約術
sponsored
提供元:NTTコミュニケーションズ  心もカラダも解放的になる夏――。とはいえ海、花火、フェス、キャンプ、BBQと満載の夏の予定とは裏腹に、さみしくな…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(16)
メンズファッションバイヤーMB
GUの590円スカーフは1万円の高級品に見劣りしない! プロの目も欺く開発力がスゴい
山田ゴメス
東京・西葛西に「リトルインド街」が誕生?
オヤ充のススメ/木村和久
オリンピック成功の鍵を握る開会式…東京五輪はどうすべきか
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ビンス無罪“ステロイド裁判”エピソード07=リック・ルードの証言――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第160回
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「勇気を振り絞れ俺! ここしかないぞ俺!」――46歳のバツイチおじさんは満天の星空の下で勝負に出ようとした
原田まりる
ファミレスで隣の席の会話に聞き耳を立てていたら、大喜利を観覧したような気分になった話
18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」/園田好
わたしと「結婚したい」という男性へ
大川弘一の「俺から目線」
死ぬことが決まっている沼――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
「ポケモンGO」を配信前の日本でプレイしてみたよ 秋葉原でポケモンゲットだぜ!
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
吉川晃司もやっていた“東京五輪最強の穴場”競技とは?
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中