大ブームの「熟成肉」で食中毒。下痢症状が治っても後遺症で歩行困難に…

目覚めの一杯は手づくりのスムージー。半熟卵を使ったエッグベネディクトで優雅な朝食。お弁当はジャーサラダでヘルシーに。仕事の後ははやりの熟成肉を味わえるビストロへ……絵に描いたようなオシャレな食生活も、一歩間違えば死を招く!?

◆食中毒の続発症状として歩行困難に陥る可能性も!<熟成肉>

死を招く[オシャレな食べ物]

ひとくちに「熟成肉」といっても店によって製法も定義もバラバラなのが現状だ

 夏のスタミナ補給に欠かせぬ肉料理の中でも、一定期間寝かせて旨味を“発酵”させる熟生肉は大ブーム。最近ではファミリーレストランや牛丼チェーン店でも提供されるようになったが、内科医の吉島聡氏はリスクが高い料理だと語る。

「本来、熟成肉はブルーチーズの発想と一緒で、表面を青カビでコーティングすることで中身の旨味成分を発酵させて増やす。しかし実際には“腐敗”一歩手前の肉を提供するわけで、しっかりカビの処理・調理できる環境が整っていなければ危険です」

 青カビ自体は非病原性なので健康な人には感染しないが、他の有毒カビを増殖させてしまっていることも……。

「カビによる健康被害は感染症、アレルギー、また夏風邪に似た夏型過敏性肺臓炎などがあります。なかには発がん性の高い『アフラトキシン』というカビもあるので注意が必要」(吉島氏)

 また、’12年に牛肉のレバ刺しやユッケの提供が禁止になって以降、鶏の生食需要が増えているが、吉島氏はこれにも警鐘を鳴らす。

「食中毒の原因となる大腸菌O-157やカンピロバクター菌は肉の表面に付き、一定時間焼けば消えます。しかし、内部に入り込んだほんの僅かな細菌だけで、発症するケースも多数報告されています。たかが食中毒……と甘く考えがちですが、抵抗力が弱まっていれば、合併症で死亡することもあるのです」(同)

 実際に今年4月下旬にも、台東区の飲食店で“湯引き”した鶏のササミ肉を食べた23人が集団食中毒に。表面は熱されていても、中身に細菌は残っているのだ。

死を招く[オシャレな食べ物]

鶏肉は、生食はもちろん湯引きしたからといって安全ではなく、菌量が少なくても発生する可能性もあるのだ

「食べてから1週間ほどたってから、発熱や激しい腹痛、嘔吐、下痢などの症状が表れます」(同)

 下痢症状が治ったと思っても安心してはならない。2~4週間後に、さらに重病を発症することも。

死を招く[オシャレな食べ物]

吉島聡氏

「カンピロバクター食中毒の後、続発的に、ギラン・バレー症候群を発症することも報告されています。この病気は筋肉を動かす運動神経が侵され、急に手足に力が入らなくなる。通常は3~6か月で自然に治りますが、約2割の患者には後遺症が残り、歩行困難になるといわれているんです」

 歩けなくなってまで腐りかけの肉や生肉を食べたいのか、よく考えたほうがよさそうだ。

<最悪の場合>
熟成肉のカビで過敏性肺臓炎。生肉による食中毒の後、歩行困難に

【吉島聡氏】
関西医科大学付属病院、関西医科大学などを経て新宿メディカルクリニック院長。内科医の立場から健康な体を実現する生活習慣を提唱している

― 死を招く[オシャレな食べ物] ―

「情報を消さずにスマホ売却」「バックアップし忘れ」「社内情報を誤送信」etc. スマホのビジネストラブルが拡大中!

「情報を消さずにスマホ売却」「バックアップし忘れ」「社内情報を誤送信」etc. スマホのビジネストラブルが拡大中!
sponsored
 今年7月に発表された総務省の「平成27年通信利用動向調査」によると、スマートフォン(スマホ)を保有している個人の割合(普及率)が、はじめて50%を超…

新感覚の氷点下ハイボール「ブラックニッカハイボール(350ml)6缶セット」を抽選で10名様にプレゼント

NIKKA
sponsored
「フリージングハイボール」とは、 クセのないクリアな飲み心地のブラックニッカ樽詰めハイボールを使いアサヒビールが独自に開発した氷点下(-2℃~0℃)抽…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(32)
メンズファッションバイヤーMB
「冬のセール」で“格安良品な服”を手にいれる3つの方法
山田ゴメス
女子の間で秘かに流行りつつある「朝セックス」ブームは、男にとっても好都合なワケ
オヤ充のススメ/木村和久
“デリヘル先生”だけじゃない、最近の風俗トラブル&摘発に異変あり!?
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ストーンコールド“ロイヤルランブル”初優勝――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第240回(1997年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「今夜、君に恋に落ちてしまいそうだぜ」――46歳のバツイチおじさんはクサすぎるセリフをさらりと口走った
原田まりる
芸の細かさが目立った2016年地味ハロウィン
大川弘一の「俺から目線」
3000円のハンバーガー――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
カップル成立数は100組超!「巨大シェアハウスなら女性と出会わないほうが難しい」
爪切男のタクシー×ハンター
風俗店で一回の射精と一回の恋をして気づく「人を好きになるのに理由なんていらない」
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
希望の星は16歳のJK! ジャッジ次第で天国と地獄[五輪最恐の採点競技]とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルはいつでも迷っているんです「集客ができない! フォロワーが少ない! 肩書きがない…」
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「ね~え、一緒にお風呂入ろう?」リーマンショックで落ちぶれたおじさんの哀号
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中