「ういろう」の元祖は小田原にあった!500年間作り続ける“おもてなし”の気持ち

日本は世界一の“老舗大国”だという。その中でも特に古い、500年以上の歴史を持つ「超・老舗企業」を紹介。その持続可能な経営の秘密とは!?

「ういろう」の元祖は小田原にあった!!『ういろう』
~(神奈川県小田原市)1368(正平23)年創業~


⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=1024406

ういろう

【写真は大正時代】ういろう本店は瓦屋根に白壁多層棟の八ツ棟造り。外郎家が八ツ棟造りを建てた際、天皇から祝いの言葉を賜ったため、以後建物が壊れると同じ造りで建て直すことになった。

 中国の元朝に仕えていた初代陳延祐(ちんえんゆう)が元の滅亡後日本に帰化し、中国での役職名だった礼部員外郎(れいぶいんがいろう)から「外郎(ういろう)」姓を名乗るようになった。京都で朝廷に仕えた2代目が、家伝薬の処方を持ち帰って丸薬「透頂香(とうちんこう)」を作り、さらに外国使節団を接待するための菓子も考案した。これが現在の和菓子「ういろう」だ。「ういろう」というと名古屋のイメージが強いが、元祖はこの外郎家なのだ。

 その後、5代目・外郎宇野藤右衛門定治が北条早雲に招かれて小田原城下へ移り、東海道沿いで500年間丸薬と菓子を作り続ける。享保年間には歌舞伎役者2代目市川團十郎が咳と痰で台詞が言えなくなったが、この丸薬で全快したことからお礼にと歌舞伎十八番『外郎売り』の台詞が創作された。

 ういろうの丸薬は、小田原に行かなければ買うことができない。原料を厳選し、手をかけ時間をかけてつくるため大量生産ができないのだ。「ものづくりのこだわりを放棄して販売を拡大する選択はありえない」と25代目当主の外郎武社長は語る。

「“人々の健康を守る”という、薬種業としての先祖代々の思いを大切にしています。菓子も、小田原に来てくれた人にもてなしの気持ちを込め手渡ししています」

ういろう

【現在のういろう本店】丸薬や和菓子などの製造から袋詰めまで、すべてこの本店で行われている

【ういろう】
神奈川県小田原市本町1-13-17
電:0465-24-0560
http://www.uirou.co.jp/uiro.html
営:10:00~17:00定休日:毎週水・第3木曜・12月31日・1月1日
小田原駅より徒歩15分※通信販売は行っていません
― 創業500年以上の日本企業 ―

衝撃の事実。元AV女優・紅音ほたるが急逝していた

紅音ほたるさん
 元AV女優の紅音ほたるさんが、8月15日に亡くなっていたことがわかった。AV引退後の所属事務所の社長兼パートナーによると同日午前、自宅で倒れた状態の…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(17)
メンズファッションバイヤーMB
GUの「大人が買っても後悔しない」マストバイBEST3
山田ゴメス
“いいヤリマン”を見分ける方法。その娘の性癖を見ればわかる!?
オヤ充のススメ/木村和久
オリンピック成功の鍵を握る開会式…東京五輪はどうすべきか
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ビンス無罪“ステロイド裁判”エピソード12=オシェー検事の逆襲――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第165回
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「勇気を振り絞れ俺! ここしかないぞ俺!」――46歳のバツイチおじさんは満天の星空の下で勝負に出ようとした
原田まりる
ファミレスで隣の席の会話に聞き耳を立てていたら、大喜利を観覧したような気分になった話
大川弘一の「俺から目線」
鳴り止まない電話――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
“リオ五輪ロス”効果で恋を引き寄せるスポーツ3選
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
吉川晃司もやっていた“東京五輪最強の穴場”競技とは?
18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」/園田好
わたしと「結婚したい」という男性へ
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中