宇治茶の老舗「通圓」。800年継続する“目の届く範囲”の商売の仕方

日本は世界一の“老舗大国”だという。その中でも特に古い、500年以上の歴史を持つ「超・老舗企業」を紹介。その持続可能な経営の秘密とは!?

“目の届く範囲”の商売を800年継続『通圓』
~(京都府宇治市)1160(永暦元)年創業~


通圓

【現在の通圓】軒先が長く、お茶に日が当たらないよう北向きに建てられている

 鵺(ぬえ)退治で有名な源頼政の家臣・古川右内が、隠居後に「太敬庵通圓政久(たいけいあんつうえんまさひさ)」と名乗り、宇治橋東詰に庵を結んだことに始まる宇治茶の老舗。その後代々「通圓」の姓を名乗って橋守となり、道ゆく旅人にお茶をふるまうようになった。日本で最も歴史のある茶商だ。

⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=1024487(一休和尚作の茶筅と茶碗をもつ「初代通圓」木像と、豊臣秀吉が千利休に命じて作らせた釣瓶)

通圓

一休和尚作の茶筅と茶碗をもつ「初代通圓」木像と、豊臣秀吉が千利休に命じて作らせた釣瓶。秀吉が茶の湯に使う水を宇治川からくみ上げるという大役を、10・11代目が仰せつかった際に使用した

 7代目通圓は一休和尚と親交が厚く、8代目は足利義政の同朋衆茶坊主として仕え、10・11代目は豊臣秀吉とも茶の湯を通じて関わりが深い。徳川家康や伊藤博文もここを訪れている。

「もう800年続いているのだから、その真ん中にいると思って、この先800年続けるつもりで仕事をしています。持続可能な経営のカギは、昔も今も広げすぎないこと」と、24代目当主の通円祐介氏は語る。通圓のお茶は、デパートや他店舗での扱いはない。

「長年信頼いただいている品質や味を保つために、目の届く範囲で商売をしたいのです」(通円氏)

 通円氏は大学でお茶の淹れ方を教えたり、冷茶の淹れ方をブログで紹介するなど、お茶を淹れて飲む文化の普及に力を入れている。

「お茶を日常的に飲む人が増え、生産者や地域が元気になってくれなければ、茶商も長く続けることはできませんから」(同)

 店舗では、お茶の販売だけでなく喫茶店も併設していて、宇治川を眺めながら抹茶の甘味や茶そばを食べることができる。

 宇治駅前にある店舗は「駅前が寂しくてはいけない」と、年中無休で営業。町に活気を与えている。

通圓

江戸時代までは宇治橋の架け替えと一緒に建て替えられていた通圓の建物は、1672(寛文12)年に建てられた。

【通圓】
京都府宇治市宇治東内1番地
電:0774-21-2243
http://www.tsuentea.com/
営:9:30~17:30(電話での注文は月~金曜10:00~17:00) 年中無休
京阪電鉄宇治線宇治駅前・JR奈良線宇治駅徒歩7分。周辺には平等院、宇治上神社などがある
― 創業500年以上の日本企業 ―

20~30代女性から大ブーイング!社内評価も下げる‟男のニオイ問題”を素早く解決する方法【PR】

20~30代女性から大ブーイング!社内評価も下げる‟男のニオイ問題”を素早く解決する方法【PR】
 そろそろ梅雨の足音が聞こえてきそうなこの季節。今年も、あの蒸し暑さのなか働かなければいけないかと思うと憂鬱になる人は多いはず。そんな汗ばむ季節に注意…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(3)
メンズファッションバイヤーMB
ユニクロ、ZARA、H&Mに飽きたら「COS」に行こう! 手頃な値段で高級ブランド並みのデザインと質
山田ゴメス
“知ってそうで知らない「キャバ嬢と風俗嬢の違い」――“女”を売って稼ぐ女子たちのホンネ対談
オヤ充のススメ/木村和久
ベッキー70点、舛添都知事20点…気になる方のマスコミ対応評価
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ホーガンが考える“90年代のホーガン”――フミ斎藤のプロレス講座別冊 WWEヒストリー第95回
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「テラスハウスの一員になろう」――46歳のバツイチおじさんはイケメン&美女集団に溶け込もうとした
原田まりる
純潔な弟に風俗で女性経験させようとした姉の話
18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」/園田好
『わたし人見知りなんです』と言う女子に思うこと
大川弘一の「俺から目線」
死生観とビジネスの類似性――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
東京-熊本1163kmを30時間で踏破。12台を乗り継いだヒッチハイクの旅に、世界を6周半した男がトライ
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
“東京五輪”なのに伊豆(静岡県)開催の自転車競技を追っかけてみた件
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中