“目力がハンパない女”高橋メアリージュン「復讐したいと思ったことはあります」

 3月5日から全国で上映される映画『復讐したい』(原作・山田悠介)は、「復讐法」という法律が成立した架空の未来が舞台だ。残虐な犯罪で家族などを失った被害者遺族が、ある“一定のルール”のもとに犯人に復讐できる世界になっている。裁判で裁くか、それとも復讐するか。復讐を選んだものは犯人とともに孤島に送られ、武器を持ち、自らの手で審判を下すのだ。

高橋メアリージュン

高橋メアリージュン

 そんな同作でヒロインを演じるのが、女優・モデルとして活躍する高橋メアリージュンだ。

⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=1063819

 もともとは雑誌『CanCam』の専属モデルとして活動を始めたが、その後は女優業の比重を高め、昨年だけでも『みんなエスパーだよ!』『リアル鬼ごっこ』『ヒロイン失格』など多くの話題作に出演した。彼女が今作で挑戦するのは、なんと二役。どちらともヒロインには違いないのだが、主人公の妻で殺人犯に殺されてしまう泉役と、さらにまったく同じ顔を持つ犯罪者・範子という、2つのキャラを演じ分けている。

「泉はそのままの心優しい妻というキャラクターで、範子は逆に劣等感を抱えた女性。なので2人はほぼ真逆の存在なんですが、誰だって光と影の部分はあると思うんですよ。だから2人はまるで別人という感じでもなく、ある意味、一人の人間の表と裏の部分をやった感じもありますね」

 当然ながら2人のキャラクターが同じ顔をしているのにはワケがあるのだが……その真相は劇場で確かめるとして、二役を演じる難しさはなかったのか?

高橋メアリージュン

真逆のキャラクター2役を演じた

「もちろん、真逆の二人を演じる難しさが最初はありましたよ。だから、なんとか『目の演技』で差を作りたいなって思ったんです。基本の目は、泉の目には光がともっていて、逆に範子は光を消す意識を持ってみた。目線の動きで言うと、泉は軽やかにあちらこちらを見たりするけど、範子は反対に一点を見つめることを多くしてみたんです。けど、撮影が終わって思うのは、やっぱり範子のほうが難しかったなぁって。というのも、範子は劇中でも『自分を隠して誰かを演じているキャラ』なんですよ。だから演じる人を演じながらもう一人の泉も演じるっていう、なんだか複雑な状況になっちゃって(笑)」

 抜群のスタイルもさることながら、彼女の大きな魅力でもあるのが、その目だろう。取材とはいえど、間近で見つめられると照れるどころか、少々圧倒されるほど、彼女の目からは“チカラ”を感じる。

「目力って、精神的なもので変わると思うんですよ。自分でも『今あるな』『今はないな』ってわかりますから。あとは『今は目力あるけど奥が死んでいるな』とか。だから強い思いがあるときほど目力が出てるんだと思います。友達から『今、目力強すぎだよ』って言われたこととかありましたね(笑)」

 ちなみに本作は“復讐の連鎖”が一つのテーマになっているが、実際にこのような「復讐が正当化される」という世の中になるのは、アリだと思うか?

高橋メアリージュン

その目力も大きな魅力

「客観的にみると復讐は復讐を呼ぶからダメだって思うんですが、実際に自分が大切な人を殺されたりしたら『絶対に復讐してやる』ってまず思いますね(笑)。でもするかしないかは、そのときに自分が守るべき人がいるかいないかで分かれると思います」

 では、これまでちょっとでも「復讐したい」と思ったことは……?

「今はないですが、思ったことはあります。昔、知人に暴言ばかり吐く人がいて、『いつかそれを全部録音して聞かせてやろう』と、実際にコッソリ録音したことがありました(笑)。実際には聞かせるまではいかなかったですけど」

 少しだけ覗いた高橋メアリージュンの“範子的”な顔。そんな危なげな魅力も、劇場で堪能したい。 <取材・文/日刊SPA!取材班>

高橋メアリージュン

左が高橋メアリージュン、右は主演の水野勝

『復讐したい』
3月5日からシネマート新宿、ユナイテッド・シネマ豊洲ほかで全国でロードショー(中部エリアでは先行上映中)。主人公を演じるのは中部エリアを中心に人気を博すユニット「BOYS AND MEN」のリーダー水野勝。今作にはメンバーが総出演し、派手なガンアクションも見所になっている。配給:キャンター/スターキャット ©2015 山田悠介/幻冬舎/「復讐したい」製作委員会 公式HP:revenge-movie.com レイティング:PG-12

新感覚の氷点下ハイボール「ブラックニッカハイボール(350ml)6缶セット」を抽選で10名様にプレゼント

NIKKA
sponsored
「フリージングハイボール」とは、 クセのないクリアな飲み心地のブラックニッカ樽詰めハイボールを使いアサヒビールが独自に開発した氷点下(-2℃~0℃)抽…

合コンで「痛い男」認定される言動――初対面で年齢や容姿をいじる、勝手な判断やアドバイスをしがち…

合コンで「痛い」認定される男の発言には特徴がある
 飲み会や合コンでは、日夜「痛い発言」が飛び交っている。どんな発言が痛いと思われてしまうのか。ツイッターで男性の勘違いや女心の機微をつぶやいて多くのR…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(32)
メンズファッションバイヤーMB
「冬のセール」で“格安良品な服”を手にいれる3つの方法
山田ゴメス
女子の間で秘かに流行りつつある「朝セックス」ブームは、男にとっても好都合なワケ
オヤ充のススメ/木村和久
“デリヘル先生”だけじゃない、最近の風俗トラブル&摘発に異変あり!?
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ストーンコールド“ロイヤルランブル”初優勝――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第240回(1997年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「今夜、君に恋に落ちてしまいそうだぜ」――46歳のバツイチおじさんはクサすぎるセリフをさらりと口走った
原田まりる
芸の細かさが目立った2016年地味ハロウィン
大川弘一の「俺から目線」
3000円のハンバーガー――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
カップル成立数は100組超!「巨大シェアハウスなら女性と出会わないほうが難しい」
爪切男のタクシー×ハンター
風俗店で一回の射精と一回の恋をして気づく「人を好きになるのに理由なんていらない」
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
希望の星は16歳のJK! ジャッジ次第で天国と地獄[五輪最恐の採点競技]とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルはいつでも迷っているんです「集客ができない! フォロワーが少ない! 肩書きがない…」
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「ね~え、一緒にお風呂入ろう?」リーマンショックで落ちぶれたおじさんの哀号
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中