[やらなくて怒られないこと]はやめてOK! 名刺管理、デスク整理etc.

 週刊SPA!12/18発売号では「ムダなことをやめる技術」という特集を組んでいる。例えば、名刺の管理にデスクの整理、しょうもないメールへの返信etc. 我々の日々の仕事を圧迫する“雑務”の数々を、仕分けしたいのは山々だが、一体何を基準に「やめる!」ものを決めるべきか。

「簡単なことですよ。“やらなくても怒られない”ことは、全部やめちゃって構わないんです」

中川淳一郎氏

中川淳一郎氏

 アッサリと言い放つのは、『凡人のための仕事プレイ事始め』などの著書で、独自の仕事論を展開している中川淳一郎氏。

「相手があることはきちんとするけど、自分のためには何もしない……これがオレの行動基準です。名刺管理もデスクの整理も、所詮は自分のための作業。これに時間をかけるのは単なる自己満足です。やめることに罪悪感を覚える必要はカケラもありません」

 ちなみに、名刺は“箱ごと”持ち歩くのが中川氏のスタイル。

「大勢の人に会うとき、途中で足りなくなると不便でしょ。もらった名刺をそのまま箱に入れておけば“出会った時期”別に保管できるし。といっても、名刺を見直すことなんてまずないので、数年使わなかった名刺は箱ごと捨てます」

 ファッションに気を使うのも「もちろんムダ。メディアに出ているオレの写真を見れば、ほぼ100%なのがおわかりかと。ダサいとか不快だとか言われたことは皆無です」

 相手のある行動についても「怒られる心配がなければ、一切やらない」と明快だ。

「例えば<友人の結婚式に出席する>などは、面倒くさくてもやめちゃダメ。冷たいヤツという風評が後々までつきまといます。一方<年賀状を出す>とか<急用でもないメールに返信する>なんてのは、しなくても怒る人はほとんどいない。思うに、世の多くの人は“他人の怒りの沸点”を低く見積もりすぎなんじゃないですかね」

 とりわけ、若いビジネスマンにその傾向が顕著だと語る中川氏。

「礼儀正しいのは結構なんですが、名刺が切れていたくらいで『誠に申し訳ありません!! 後ほど郵送させていただきます!!』などと、身も世もなく恐縮する。別に名刺をくれなくたって取って食やしませんよ(苦笑)。こういうムダな気遣いこそスッパリやめてラクになるべき。ムダに恐縮するお前を見ているのがオレにとっての時間のムダだよ!と言いたいですね」 <取材・文/週刊SPA!編集部>

週刊SPA!12/25号(12/18発売)

表紙の人/三吉彩花

電子雑誌版も発売中!
詳細・購入はこちらから
※バックナンバーもいつでも買って、すぐ読める!

肉体改造やジェンダーレスな美しさよりも30~40代には大事な血管年齢の話

肉体改造やジェンダーレスな美しさよりも30~40代には大事な血管年齢の話
sponsored
 例えば、テレビ番組などで昭和の映像を見たりすると、最近の人は(特に若者は)、ずいぶん洗練されたなあと思ったりしないだろうか? 「人は見た目が9割」と…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(17)
メンズファッションバイヤーMB
GUの「大人が買っても後悔しない」マストバイBEST3
山田ゴメス
“いいヤリマン”を見分ける方法。その娘の性癖を見ればわかる!?
オヤ充のススメ/木村和久
オリンピック成功の鍵を握る開会式…東京五輪はどうすべきか
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ビンス無罪“ステロイド裁判”エピソード12=オシェー検事の逆襲――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第165回
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「勇気を振り絞れ俺! ここしかないぞ俺!」――46歳のバツイチおじさんは満天の星空の下で勝負に出ようとした
原田まりる
ファミレスで隣の席の会話に聞き耳を立てていたら、大喜利を観覧したような気分になった話
大川弘一の「俺から目線」
鳴り止まない電話――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
“リオ五輪ロス”効果で恋を引き寄せるスポーツ3選
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
吉川晃司もやっていた“東京五輪最強の穴場”競技とは?
18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」/園田好
わたしと「結婚したい」という男性へ
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中