ガンホー森下社長「パズドラにはお金を払ってくれなくてもいい」

森下一喜氏

森下一喜氏

 ダウンロード数が1700万件を突破し、スマホ保有者の3人に1人が遊ぶゲームとなった『パズル&ドラゴンズ』。開発したガンホー・オンライン・エンターテイメントは一時、時価総額で任天堂を抜くなどの大躍進を遂げている。

 その社長、森下一喜は本人曰く「学業は落ちこぼれ」だったとのことで、高校卒業後、お笑い芸人を目指すも、コンビを組んでいた相方が辞めて断念。その後、肉体労働などを経てソフトウェア開発の仕事に携わるようになったというユニークな経歴の持ち主。数社を経て、ガンホー・オンライン・エンターテインメントを起こし、2005年に上場した頃には現場を離れて経営に専念していた。

「組織が大きくなるとお役所的な体質になってしまうんですね。ゲーム開発にしても『予算がこれぐらいで、こうやればリスクがないからやらせて』といった具合。何ですか、『リスクがないから』って。当然、ヒット作が全然出なくなった」(森下氏)

 これでは会社を作った意味がない、と森下氏は開発現場に戻ることを決意。「3年間は赤字を出すからよろしく」と宣言したが、結果的に2年で黒字を達成した。

 ゲームとしての楽しさにこだわった『パズドラ』は、無課金で最後まで遊べるように作ってあり、「正直なところ、無料で遊んでもらっていても、全然問題ないと思っている」とのこと。そのほかにも、「私が納得するまで作り直す」と開発スケジュールがズレることを厭わない、経営者としては型破りな発想が、ガンホーの再躍進を支えているようだ。

※「週刊SPA!」8/20発売号の「エッジな人々」では、森下氏の既存の経営者では考えられない思想哲学が大いに語られている。

<本誌構成/江沢 洋 撮影/尾藤能暢>

週刊SPA!8/27号(8/20発売)

表紙の人/水崎綾女

電子雑誌版も発売中!
詳細・購入はこちらから
※バックナンバーもいつでも買って、すぐ読める!

肉体改造やジェンダーレスな美しさよりも30~40代には大事な血管年齢の話

肉体改造やジェンダーレスな美しさよりも30~40代には大事な血管年齢の話
sponsored
 例えば、テレビ番組などで昭和の映像を見たりすると、最近の人は(特に若者は)、ずいぶん洗練されたなあと思ったりしないだろうか? 「人は見た目が9割」と…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(17)
メンズファッションバイヤーMB
GUの「大人が買っても後悔しない」マストバイBEST3
山田ゴメス
“いいヤリマン”を見分ける方法。その娘の性癖を見ればわかる!?
オヤ充のススメ/木村和久
オリンピック成功の鍵を握る開会式…東京五輪はどうすべきか
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ビンス無罪“ステロイド裁判”エピソード12=オシェー検事の逆襲――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第165回
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「勇気を振り絞れ俺! ここしかないぞ俺!」――46歳のバツイチおじさんは満天の星空の下で勝負に出ようとした
原田まりる
ファミレスで隣の席の会話に聞き耳を立てていたら、大喜利を観覧したような気分になった話
大川弘一の「俺から目線」
鳴り止まない電話――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
“リオ五輪ロス”効果で恋を引き寄せるスポーツ3選
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
吉川晃司もやっていた“東京五輪最強の穴場”競技とは?
18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」/園田好
わたしと「結婚したい」という男性へ
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中