STAP細胞・小保方さん報道の“女子バイアス”にキレるアラサー女子たち

アラサー女子

「『泣き明かした夜』などの見出しにもイラつく」というアラサー女子も多い

 万能細胞「STAP細胞」の作製に成功した若き女性研究者・小保方晴子さんに関する報道が日増しに加熱している。研究成果とは関係のない報道に対しては、小保方さん本人から節度のある報道を求めて「報道関係者の皆様へのお願い」が発表される事態に。30歳という若さに加えて、巻き髪にミニスカート、ヴィヴィアン・ウェストウッドの指輪……今までの理系女子の印象を覆すような出で立ちに注目が集まってしまうのはある程度仕方ないのかもしれないが、同世代である働くアラサー女子たちも、そんな事態にはイラつきを隠せないようだ。そんなイラつく女子たちの意見を集めてみた。

「同じ立場で30歳の男性が研究で大きな成果を挙げて注目されたとしても、こんな報道のされ方はしないはず。世の中に顔を売ることが仕事のメリットになるならまだいいけど、研究の内容とは関係のないところで注目されても本人にも何のメリットもないのに!」(32歳・銀行)

「仕事の本筋とは関係のない『女』の部分で注目されたり、評価されたりして嫌な思いをすることって、もちろん彼女ほどの規模ではないけれど、働くアラサー女子なら誰でも経験したことがあると思う。だからこそ、報道を見ているとイライラする。おっさんども、ええ加減にせえよ!と」(31歳・通信)

「『ミニスカートに巻き髪で登場したら、注目されるのは当たり前。自分でも女の部分で注目されたい気持ちがあったんじゃないの?』みたいなことを言う男性も周りに結構いたんだけど、ひっぱたきたくなりますね。これって、たとえは極端かもしれないけど痴漢被害に遭った女性に『痴漢に遭うような格好をしていたあなたも悪い』て言うのと同じ発想ですよ」(29歳・広告)

 そもそも、小保方さんのファッションはいわゆる「男性ウケ」を意識したものではないという意見も。

「割と強めの巻き髪にフレアなミニスカートにヴィヴィアンの指輪。フェミニンというよりゴスロリっぽい感じだし、男性ウケを意識したファッションではなくて自分のためのファッションだと思うんですよね。単純に勝負のタイミングで自分の気持ちを高めるために自分が一番好きな格好をしただけなんじゃないかなあ」(30歳・コンサル)

「今まで見たことのないリケジョ(理系女子)」という文脈に違和感を覚えるというのは自身も東大の修士課程まで進んだリケジョであるアラサー女子。

「彼女の研究成果自体は本当に素晴らしいもので、今まで見たことのないもの。でも、キャラ的にはそんなに珍しいリケジョじゃないと思いますよ。私は都市工学専門で、修士課程を終えて就職したんですが、学士課程では30人くらいの語学クラスに2人くらいはああいうゴスっぽいコがいました。そもそも女子はクラスの2~3割だから、結構な割合ですよね。なんでリケジョがゴスに惹かれるのかはよくわかんないですけど……強そうな、ソリッドな感じに惹かれるのかな?(笑)」(32歳・IT)

 男性諸兄は、報道に便乗して不用意なことを言って「働く女子の歴史を愚弄している」と言われないように気をつけたほうがよさそうだ。 <取材・文/マッキーナ>

ロングヘアの女性だけじゃない!30代以上の中年男性にこそコンディショナーが必要な理由とは?

ロングヘアの女性だけじゃない!30代以上の中年男性にこそコンディショナーが必要な理由とは?
sponsored
 男性のなかでも、とりわけ髪が長くない人にはあまりなじみがないだろうコンディショナー。彼女の家にあったり、奥さんや妹などの家族が使っているから知っては…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(21)
メンズファッションバイヤーMB
「ユニクロU」の絶対に買うべきベスト3を発表【発売前レビュー】
山田ゴメス
「紅音ほたる急逝」から真剣に考える、AV女優はなぜ短命なケースが多いのか?
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
“レッスルマニア11”の主役はだれだ?――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第185回(1995年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
もう、アリンコになってしまいたい――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
「婚活宣言」したら44歳オヤジのモテ度が100倍になった!プロギャンブラー直伝“婚勝”シリーズ第4弾
爪切男のタクシー×ハンター
ウンコを漏らした日はライディーン
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルは私生活まで“キラキラ”してないといけないの!? 現実とのギャップに困惑
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中