中高年の覚せい剤使用者が増加「身体の衰えをカバーしたくて…」

 ASKAこと宮崎重明容疑者(56歳)の逮捕を受け、中高年のドラッグ濫用の実態が注目を集めている。平成9年度の統計では、覚せい剤事犯の検挙者のうち、50%が30歳以下の若者だった。しかし、平成25年度に至っては、大きく様相が変わっており、40歳以上が51%にのぼる。対照的に30歳以下は、たったの15%にすぎない。全体の検挙人員は、この17年間でほぼ半分に激減しているのに、40歳以上の検挙者は絶対数でも増加。覚せい剤常習者の高年齢化が進行しているのだ。

 覚せい剤をはじめ、薬物事犯に詳しい小森榮弁護士はこう指摘する。

「分別のある中高年になって、初めて薬物をやるという人はレアケースです。たいてい若い頃に覚せい剤を経験していて、ドラッグに対する心理的な敷居が低いんですよ。そんな素養に加えて、体力の衰えや、仕事のストレスなどが重なって、再びドラッグに手を伸ばしてしまうのではないでしょうか」

◆若き日の青春よ再び……体の衰えはシャブでカバー!?

中年「全部失いましたね。遊びが過ぎたというには痛すぎました」

 と意気消沈するのは現在、覚せい剤の所持及び使用で逮捕され、執行猶予中の身である48歳の今宮茂明さん(仮名)だ。

「初めてシャブをやったのは、大学生の頃。当時はバンドブームでセックス、ドラッグ、ロックンロールみたいなノリで、シャブをキメてライブだ! みたいな感じで、ムチャしてました」

 時代は狂乱のバブル時代。乱れた学生時代をすごしていても、有名大学出身ということで引く手あまた。今宮さんは広告代理店にあっさり就職を果たした。就職してからはドラッグを一切ヤメていた今宮さんが再び覚せい剤に手を出したのは一昨年のこと。

「体の無理が利かなくなったんです。夜中まで仕事もできなくなってきて、妻とのセックスも勃ちが悪くて楽しむどころか苦痛に……」

 さまざまなサプリメントを試したが効果はサッパリ。そんな話を昔のバンド仲間に話したところ、帰りがけにバンド仲間から覚せい剤を渡されたという。

「20年以上ぶりにキメたときは、もう、すごかったですね(笑)」

 その後はセックスなど“ここぞ”というときに覚せい剤を常用するようになった今宮さんだったが、職質がきっかけであっさり御用。会社も首になり妻とは離婚するハメに。

 現在は知り合いの会社で働きながら、離婚した妻や家族に日々懺悔の日々をすごす今宮さん。その代償はあまりにも大きかった。

 このように、40歳以上のおっさんの間で覚せい剤がいかに忍び寄っているのか? 週刊SPA!6月17日発売号「ASKAだけじゃない![シャブ中おっさん]大集合」では、ユーザーからプッシャーまで、いい年こいてシャブにハマった困った不良中年たちがその体験談を懺悔とともに告白。中高年の薬物乱用の背景を探っている。 <取材・文/週刊SPA!編集部>

週刊SPA!6/24号(6/17発売)

表紙の人/二宮和也

電子雑誌版も発売中!
詳細・購入はこちらから
※バックナンバーもいつでも買って、すぐ読める!

「情報を消さずにスマホ売却」「バックアップし忘れ」「社内情報を誤送信」etc. スマホのビジネストラブルが拡大中!

「情報を消さずにスマホ売却」「バックアップし忘れ」「社内情報を誤送信」etc. スマホのビジネストラブルが拡大中!
sponsored
 今年7月に発表された総務省の「平成27年通信利用動向調査」によると、スマートフォン(スマホ)を保有している個人の割合(普及率)が、はじめて50%を超…

新感覚の氷点下ハイボール「ブラックニッカハイボール(350ml)6缶セット」を抽選で10名様にプレゼント

NIKKA
sponsored
「フリージングハイボール」とは、 クセのないクリアな飲み心地のブラックニッカ樽詰めハイボールを使いアサヒビールが独自に開発した氷点下(-2℃~0℃)抽…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(32)
メンズファッションバイヤーMB
「冬のセール」で“格安良品な服”を手にいれる3つの方法
山田ゴメス
女子の間で秘かに流行りつつある「朝セックス」ブームは、男にとっても好都合なワケ
オヤ充のススメ/木村和久
“デリヘル先生”だけじゃない、最近の風俗トラブル&摘発に異変あり!?
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ストーンコールド“ロイヤルランブル”初優勝――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第240回(1997年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「今夜、君に恋に落ちてしまいそうだぜ」――46歳のバツイチおじさんはクサすぎるセリフをさらりと口走った
原田まりる
芸の細かさが目立った2016年地味ハロウィン
大川弘一の「俺から目線」
3000円のハンバーガー――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
カップル成立数は100組超!「巨大シェアハウスなら女性と出会わないほうが難しい」
爪切男のタクシー×ハンター
風俗店で一回の射精と一回の恋をして気づく「人を好きになるのに理由なんていらない」
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
希望の星は16歳のJK! ジャッジ次第で天国と地獄[五輪最恐の採点競技]とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルはいつでも迷っているんです「集客ができない! フォロワーが少ない! 肩書きがない…」
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「ね~え、一緒にお風呂入ろう?」リーマンショックで落ちぶれたおじさんの哀号
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中