岩手県宮古市田老地区の「学ぶ防災」が語り継ぐもの

【週刊SPA!連載】
★週刊チキーーダ! 飯田泰之・荻上チキのヤバい研究報告書

~「学ぶ防災」が語り継ぐもの 岩手県宮古市田老地区~

 宮古市田老地区は明治と昭和初期に2度の大きな地震津波を経験。その教訓から、総延長約2.5km、高さ10mにも及ぶ防潮堤を建設。が、東日本大震災では死者・行方不明者数181人、約730棟の建物全壊という被害を被った。

宮古市 なぜ、「万里の長城」とまで呼ばれた堤は町を守りきれなかったのか? 宮古観光文化交流協会が実施している「学ぶ防災」ツアーに、チキーーダ!のふたりが参加した。

⇒【画像】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=680064

 この日のガイドは、澤口強さん。防潮堤の上から、当時の様子、被害状況の説明を受ける。が、何より驚かされたのは、この地区の防災意識の高さだ。

 防潮堤だけではない。防潮堤の内側は碁盤状で、十字路は避難時の見通しをよくするために「隅切り」が設けられた。さらに地域各所に山へ登る避難道が整備され、避難階段にはソーラーパネルを設置。ハード面だけではなく、防災教育も充実し、避難経路等の周知も徹底していたという。だからこそ、強まる「なぜ?」という疑問。

「最初の地震で停電になったんです。大津波警報は伝わらず、テレビも防災無線も使えなくなりました。当初3mの津波と伝えられましたので、『防潮堤があるから大丈夫』と一旦、避難したものの自宅に戻ってしまった人もいました。防潮堤への過信もありましたし、防潮堤で押し寄せる津波が見えなかったのもあります」(澤口さん)

 しかし、その一方で、防潮堤が避難する時間を稼いでくれ、また、引き波による家屋の流出を防いでくれたという面もあるという。

「第一波の後に『このくらいなら大丈夫』と戻ってしまったという話は、各地で聞く。津波の規模、状況への過小評価が被害を拡大させるというのは確実にある」(飯田)

「単純にゼロかイチかで、その良しあしは語れない。防潮堤の役割を批判するのでもなく、過信するのでもなく、それと併せて、さらに『何が必要なのか』が強調されるのが必要だね」(荻上)

宮古市 その後、「たろう観光ホテル」を外から見学し、市の事務所へ移動。「たろう観光ホテル」社長撮影のビデオを見る。水柱が上がり、陸へと迫り防潮堤を破壊する津波。先ほどまでそこに立っていただけに、その威力を思い知らされる。

「学ぶ防災」のスタートは、2012年4月。参加者は累計5万5000人に上り、年々増加中。当初4人だったガイドも2人増員されたという。

 約1時間の中で、澤口さんが繰り返し口にしたのは、「逃げる気持ちがなければ、助かるものも助からない」という言葉。大切に持ち帰りたい「土産」となる一言だ。

⇒【後編】に続く http://nikkan-spa.jp/677710

【宮古観光文化交流協会「学ぶ防災」】

「万里の長城」と言われた防潮堤で、ガイドから被災状況の解説を受け、その後、津波が押し寄せる瞬間のDVD(マスコミ非公開)を上映。所要時間30~60分。1グループに1人のガイドがついて、質問に答えながら案内してくれる。料金は「復興支援協力金」としてガイド1人に4000円。住民が“あの日”歩いた避難道を辿る2時間コースも(料金1万円)。(問)宮古観光文化交流協会 電:0193-77-3305

宮古市【飯田泰之】
’75年生まれ。エコノミスト。明治大学政治経済学部准教授。「初夏は東北観光のベストシーズン! 実地調査のために高田に釣りに行きたいなぁ」

【荻上チキ】
’81年生まれ。評論家・編集者。『シノドス』編集長。「W杯のおかげで眠れない日々が続いておりましたが、ようやく眠れる時期に。今度の敵は熱帯夜」

<取材コーディネイト/土方剛史>

※「週刊チキーーダ!」は週刊SPA!にて好評連載中

孤独死した60代女性、“お一人様”の最期は認知症でゴミ屋敷に…

孤独死
 玄関の扉を開けると、部屋にはうずたかく廃棄物が積まれたゴミ屋敷の光景が広がっていた。独身で認知症を患っていた60代女性の「孤独死」の現場だ。  核家…

40代「逃げ恥おっさん」が気持ち悪い…ガッキーかわいいを連呼、星野源に嫉妬、正確な記述を競い合う

「逃げるは恥だが役に立つ」(逃げ恥)エンディング 恋ダンス
 現在放送中のドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)がいまネットを中心に話題になっている。  物語は、星野源演じる会社員の津崎平匡の家に新垣結衣…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(31)
メンズファッションバイヤーMB
オーダーシャツが4980円でつくれる激安時代、プロも驚く採寸システムとは?
山田ゴメス
女子の間で秘かに流行りつつある「朝セックス」ブームは、男にとっても好都合なワケ
オヤ充のススメ/木村和久
竹原ピストルがオヤジのハートを鷲掴みする理由
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ブレット対ストーンコールド=序章――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第235回(1996年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「今夜、君に恋に落ちてしまいそうだぜ」――46歳のバツイチおじさんはクサすぎるセリフをさらりと口走った
原田まりる
芸の細かさが目立った2016年地味ハロウィン
大川弘一の「俺から目線」
平穏を望む銀座ホステス・美琴――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
一流芸能人GACKTのギャンブルセンスをプロギャンブラーが採点
爪切男のタクシー×ハンター
チンコのような温かさで私を強くきつく抱きしめて
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
希望の星は16歳のJK! ジャッジ次第で天国と地獄[五輪最恐の採点競技]とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルはいつでも迷っているんです「集客ができない! フォロワーが少ない! 肩書きがない…」
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「ね~え、一緒にお風呂入ろう?」リーマンショックで落ちぶれたおじさんの哀号
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中