真偽不明な放射能除染方法が福島の汚染を悪化させる!

環境省の試算によれば除染が必要な土壌は東京ドーム約23杯分と、汚染された国土の再生は容易ではない。それに伴い、除染をめぐる動きが活発化している。「ひまわりの除染効果なし」に戸惑い、次の一手を模索する現場から非科学的な方法まで。放射能除染の最前線を追った!

【真偽不明な放射能除染方法の数々】

◆ホメオパシー
― “福島の土”から作られた水を福島の川に投入中―

ホメオパシー

関連団体からは福島の土を使って作った砂糖玉(1.5g=580円~/食用)も発売中

病気の原因物質を、分子が一つも残らないほど希釈して作られた「レメディ」なるもので病気が治ると主張する“ホメオパシー”。昨年、日本学術学会議などから「科学的根拠はなし」と全否定されたばかりだ。

ところが現在、日本ホメオパシー医学協会は、放射能汚染された河川の浄化に有効であるかのようなキャンペーンを展開。代表の由井寅子氏は福島県を訪れ、県内で採取した土を希釈したレメディをペットボトルに入れ、河川に投入するパフォーマンスも見せている。

だが、その程度の量で川に溜まった放射性物質が除去され、浄化できるとは思えないのだが……。

◆創生水
―仕組みはわからないが、放射性物質が消えちゃった―

もともと「高い波動があり、身体のエネルギーを高める」などとして販売されてきた創生水。科学的根拠がないとされる「波動水」の一種だが、現在、販売元の「創世ワールド」社が福島県内で土壌の浄化実験中だ。

「県内の土に創生水を入れたところ、セシウムが半減した。土に浸した後の創生水のセシウムもゼロ。つまり、放射能が消えてなくなったのです。仕組みは私たちにもわかりません」(同社担当者)

放射性物質はろ過や洗浄で除去できても、消し去ることは不可能とされているのだが……。

◆EM菌
―水質汚濁の原因細菌液が福島の汚染を悪化させる!―

EM菌

EM菌は1L=2100円。機関誌などで被災地支援活動(EM菌の配布)もアピール

琉球大学名誉教授・比嘉照夫氏らが提唱する「EM菌」。土壌の放射性物質浄化に有効だとして、推進団体が東北各県の農場での実験や避難所への配布を行っている。

もともとEM菌は、推進団体が水質改善のためとして全国の河川や海に投げ込む活動をしてきた。しかし07年、福島県環境センターが、むしろ水質汚濁の原因になるとして公式に警告を発している。

「それがまた福島県内でばらまかれようとしている。これって、どうなんでしょうね」(県関係者)

これ以上の汚染は、福島県民も避けたいところだ。

― 放射能除染をめぐる(狂)都市伝説徹底ルポ【5】 ―

「仕事の“スイッチ”を入れろ!」WORLD ORDER須藤元気が教える「リアルゴールド ワークス」の活用法【PR】

-shared-img-thumb-SAYA160312140I9A3606_TP_V3
 昨今、コンビニやスーパーに行くと、エネルギードリンクをはじめとして、栄養ドリンク、機能性飲料など、働く男をサポートするさまざまなドリンクを目にする。…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(4)
メンズファッションバイヤーMB
プロが激賞「高級サンダルが2000円台で買える!」
山田ゴメス
「なんちゃって石原さとみ」が増加中!? 7つのメイクと7つの仕草で翻弄される男たち
オヤ充のススメ/木村和久
プロ客から見たキャバクラの世界
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
“ホーガン不在”のウォリアー政権――フミ斎藤のプロレス講座別冊 WWEヒストリー第100回
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「テラスハウスの一員になろう」――46歳のバツイチおじさんはイケメン&美女集団に溶け込もうとした
原田まりる
純潔な弟に風俗で女性経験させようとした姉の話
18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」/園田好
中2まで、巨乳はコンプレックスでしかなかった
大川弘一の「俺から目線」
死神bot、LINEで始動――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
熊本地震の災害ボランティア、現状の課題は「参加希望者の再分配」だ
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
“東京五輪”なのに伊豆(静岡県)開催の自転車競技を追っかけてみた件
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中