“動く小山”ロールス・ロイス・ファントムから下界を見下ろしてみた

これまで見下ろされることはあっても、見下ろしたことなんてない人生に、千載一遇のチャンスが到来しました。これ1台で、東京都内に庭付き一戸建てが買えてしまうロールス・ロイス・ファントムに乗れる機会に恵まれたのです。世界一の超高級車からの景色ってどうなんでしょうか?

ロールス・ロイス・ファントムMJブロンディ=文 Text by Shimizu Souichi
池之平昌信=写真 Photographs by Ikenohira Masanobu

◆一般人代表としてロールス・ロイス・ファントムから見下ろしてみた!!

 世界一の高級車と言えば、ロールス・ロイス・ファントム。お値段はオプションなしで5000飛んで64万円。オプション次第でほぼ青天井となる。こんな超高級車がJAIA大試乗会に出展されたので、SPA!本誌も果敢に試乗を希望し、抽選で当たってしまいました!

 そこで今回は、そこらの一般人を代表して、本誌担当Kが緊急試乗。世界の頂点に立つクルマはどんな感じだったのか!?

⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=807443

ロールス・ロイス・ファントム

パルテノン神殿のような大型のラジエーターグリルやコーチドア(観音開き)が特徴的なファントム

MJ:ファントムに乗る前、誓約書は書かされなかったの?

担当K:マクラーレンは事前に誓約書を提出させられましたけど、ロールス・ロイスは何もなかったですね。僕が行っても普通に操作を説明してくれるだけで、乗せてくれました。

MJ:で、乗ってどうだった?

K:一言で言うと、デカくて静かなクルマですね。

MJ:……あとは?

K:V12のエンジン音がまったく聞こえないことにビックリしました。

ロールス・ロイス・ファントム

現在のロールス・ロイスはBMW傘下。12気筒エンジンはBMW製で、8ATとの組み合わせ

MJ:……ほかには?

K:意外と運転しやすいなと思いました。あんなにデカいのに。

MJ:それだけ!?

K:ええ、まあ。

MJ:まず運転席に乗り込んだ時、カーペットの分厚さに感動しなかった?

K:なんかやたら厚いなとは思いましたけど……。

MJ:まずそこに感動して誰もが涙を流すんだよ! だってあのカーペット、厚さ10cmくらいありそうなムートンじゃないか! あのムートンを踏みつけて、その感触が足の裏に伝わった瞬間、体に電気が走るものなんだよ!

K:そ、それは気が付きませんでした(笑)。

MJ:あのカーペットを踏んで興奮しない女子はいない。そして後席ドアに内蔵されたロールス純正の傘を出す! その瞬間、脳の奥底で眠っていたお姫様願望が炸裂して、女子は失神するんだよ!

K:あ、あの傘、ちゃんと奥まで押し込んでからドアを閉めないと、ドアが凹むので気をつけてくださいって言われました。

MJ:それ、やっちまったら大変だね(笑)。

K:おもてなしの心はレクサス以上ですね。そもそも大きなドアに高い座面で、普通にクルマに乗り込むというより、ステキなお部屋に入る感じでした。

MJ:そう、あの見下ろし感が重要だ。ミニバン以上に座面が高いでしょ。あの下々を見下ろす視点、あれはメルセデスにはないものなんだよ。

K:そう言われれば、ベンツのSクラスも乗り心地はめちゃめちゃいいですけど、ロールスと比べると背が低いですよね。

MJ:ベンツが作った最高級車・マイバッハも、視点の低さが問題だった。マイバッハがファントムと並ぶと、上から見下ろされちまう。それが原因で販売的に大敗して絶版に追い込まれたんだ。今度復活するけど。

⇒【後編】に続く http://nikkan-spa.jp/806543

「島耕作シリーズ」の作者が語る多様化する働き方とコーヒーの関係とは?

「島耕作シリーズ」の作者が語る多様化する働き方とコーヒーの関係とは?
sponsored
「朝活・夕活」に代表される労働時間の見直しや、仕事と育児の両立といった「ワーク・ライフ・バランス」が注目を集める昨今。人々の働き方も多様化しているが、…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(21)
メンズファッションバイヤーMB
「ユニクロU」の絶対に買うべきベスト3を発表【発売前レビュー】
山田ゴメス
「紅音ほたる急逝」から真剣に考える、AV女優はなぜ短命なケースが多いのか?
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
“レッスルマニア11”の主役はだれだ?――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第185回(1995年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
もう、アリンコになってしまいたい――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
「婚活宣言」したら44歳オヤジのモテ度が100倍になった!プロギャンブラー直伝“婚勝”シリーズ第4弾
爪切男のタクシー×ハンター
ウンコを漏らした日はライディーン
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルは私生活まで“キラキラ”してないといけないの!? 現実とのギャップに困惑
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中