「Chrome book」が日本で盛り上がりに欠けているのはナゼ? 世界では売れまくっているのに…

 グーグル謹製OS「Chrome OS」を搭載したノートPC「Chrome book」が世界で売れまくっているという。年内の販売台数は昨年より約3割増の720万台に達する見通し。日本ではどうも盛り上がりに欠けるが、これからブームを巻き起こしてくれるか!?

Chrome book

「Google純正なのにAndroidとの取り立てて便利な連携機能はなく、Androidタブレットの普及に置いていかれた感がある」との証言も

「Chrome book自体は悪くない商品です。3万円台で買えるノートPCにしてはモノがよく(バッテリーの持ちや軽さなど)、価格だけでも競争力はある。すべての動作をブラウザ上で行うことに戸惑う人もいるでしょうが、オフィス文書の閲覧や画像編集なども含めて、今どき大抵のことはブラウザ上でできる。

 基本的にオンライン状態でないと作業できないので、格安SIMが挿せるLTE対応端末が日本でも手に入るようになれば、もっと盛り上がるかもしれませんね」と話すのは、ITライターの柳谷智宣氏。

 だがしかし、である。柳谷氏はChrome bookの将来性についてはかなり懐疑的だ。

「Chrome bookの潜在的なユーザーであるライトユーザー(PCであまり複雑な作業をしない層)には、その存在が届いていないように思います。ギーク層は一時的に注目していますが、彼らは本来もっと高いスペックを求めている。グーグル自体、“仕組みだけ作って勝手にブレイクさせる”という方針なので、あえて広告戦略を打っていないのも痛い。

 しかも、これからはWindows10の大攻勢が始まりますから、それをかわし切れるかどうか。なによりグーグルは“ブレイクしなかったプロジェクトからはさっさと手を引く”常習犯ですからね。Chrome bookからもあっさり撤退しそうなイヤな予感がします」

<将来性⇒△>
広告戦略に対するグーグルのヤル気のなさが仇となるか……

― デジタル“マイナー勢力”の今後を占う! ―

橋本マナミ&峰なゆか。セクシー美女の渇きを潤す理想の男とビールとは?

橋本マナミ&峰なゆか。セクシー美女の渇きを潤す理想の男とビールとは?
sponsored
◆別れた男と再会したとき「やっぱり忘れられない……」と言われるとグッとくる(橋本マナミ) 「私は基本的に年上の男性が好きなんです。40代、50代の男性…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(21)
メンズファッションバイヤーMB
「ユニクロU」の絶対に買うべきベスト3を発表【発売前レビュー】
山田ゴメス
「紅音ほたる急逝」から真剣に考える、AV女優はなぜ短命なケースが多いのか?
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
“レッスルマニア11”の主役はだれだ?――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第185回(1995年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
もう、アリンコになってしまいたい――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
「婚活宣言」したら44歳オヤジのモテ度が100倍になった!プロギャンブラー直伝“婚勝”シリーズ第4弾
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中