保温ジャーで食中毒、湯たんぽ破裂…冬グッズの知られざる危険性

 寒くなる冬の季節、冬用品や家電を使い始めた人も多いだろう。しかし、便利なアイテムでも用途を誤ると大惨事になる。

◆エコで手軽な湯たんぽは、破裂に注意

 かつてより防寒グッズとして愛されてきた湯たんぽ。最近では、温めたお湯を入れて使用する昔ながらのタイプとは違った手軽な商品も登場してきている。

湯たんぽ しかし、そこには思わぬリスクも。電子レンジで温めるタイプのものは加熱しすぎて火傷する恐れがあるのはもちろん、IHヒーターで直接温めるタイプのものは口金を外さないで加熱すると、最悪破裂するケースがあるのだ。

 湯たんぽは低温火傷の恐れがあるとよく言われるが、放っておくと最悪の場合皮膚移植が必要な事態に発展することも。また、ホットカーペットでのうたた寝も、低温火傷に気をつけたほうがよい。酔っぱらって帰宅した時は、使わない方が無難だ。

◆洗濯物を早く乾かすための家電使用はNG

 冬場の洗濯物は乾きにくい。つい、ストーブの上に洗濯物を干したくなるが、これは火が燃えうつる可能性がある危険な行為。絶対にやめるべきだ。同様の理由で、こたつの中で洗濯物を乾かすのもNG。どうしても早く乾かしたいものは、アイロンを軽くかけて湿気の少ないところに干しておくとよい。

◆冬なのに食中毒? 保温ジャーは意外な盲点

 温かい食事を食べるうえで重宝される保温ジャー。こちらも使用方法を誤ると食中毒につながる代物だ。

 保温ジャー 通常の弁当箱は保温機能が高くなく、気温のあがらない冬場は一日中放置しても問題ないと言われる。が、保温ジャーはその保温機能の高さがが裏目に出る。

 保温ジャーが保つ温度である37度前後は食中毒の原因となる大腸菌がもっとも繁殖しやすい温度。当然ながら、一日中放置すると食中毒のリスクが格段に高まる。朝方、保温ジャーに入れたおかゆを夜中まで放置。深夜口にしたところ、食中毒に罹った事例が報告されている。

 食中毒とは無縁に思われるこの季節。だが、思わぬところに落とし穴が潜んでいることに注意しなければならない。 <文/日刊SPA!取材班>

衝撃の事実。元AV女優・紅音ほたるが急逝していた

紅音ほたるさん
 元AV女優の紅音ほたるさんが、8月15日に亡くなっていたことがわかった。AV引退後の所属事務所の社長兼パートナーによると同日午前、自宅で倒れた状態の…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(17)
メンズファッションバイヤーMB
GUの「大人が買っても後悔しない」マストバイBEST3
山田ゴメス
“いいヤリマン”を見分ける方法。その娘の性癖を見ればわかる!?
オヤ充のススメ/木村和久
オリンピック成功の鍵を握る開会式…東京五輪はどうすべきか
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ビンス無罪“ステロイド裁判”エピソード12=オシェー検事の逆襲――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第165回
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「勇気を振り絞れ俺! ここしかないぞ俺!」――46歳のバツイチおじさんは満天の星空の下で勝負に出ようとした
原田まりる
ファミレスで隣の席の会話に聞き耳を立てていたら、大喜利を観覧したような気分になった話
大川弘一の「俺から目線」
鳴り止まない電話――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
“リオ五輪ロス”効果で恋を引き寄せるスポーツ3選
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
吉川晃司もやっていた“東京五輪最強の穴場”競技とは?
18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」/園田好
わたしと「結婚したい」という男性へ
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中